木曜日, 9 of 7月 of 2020

Category » 陸上競技

視聴率低迷

201901-idaten_l_full
sengoku_busyou_shiki
 
 やる前から分かりきっていたことを
  今さら反省してどうするの?
 という感じがしますけどね  (^_^;)
 
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜後8・00)の第22話が9日に放送され、平均視聴率が6・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。
4月28日放送の第16話で記録した7・1%を下回り、大河ドラマ史上の最低視聴率を更新した。
同時間帯ではテレビ朝日系「ポツンと一軒家」が20・3%を記録。
番組史上初の“大台突破”となった。
また、TBSはサッカー「日本―エルサルバドル戦」を生中継。
久保建英が史上2番目の年少記録となる18歳5日でA代表デビューを果たすなど注目され、13・8%を記録した。
「いだてん」は1964年の東京オリンピックをテーマに、86年「いのち」以来33年ぶりとなる近現代が舞台の大河。
主人公が交代するリレー形式をとるなど、近年にない冒険的な作風とされる。
20年の大河は、長谷川博己(42)が明智光秀役で主演する「麒麟がくる」。
21年の作品は「現在検討中」(同局関係者)。
新元号「令和」の出典になった万葉集に登場する人々を題材に推す意見もあったが、局内では「いだてん」の不調を受け

「やはり戦国時代以外は、なかなか視聴者に受け入れられない。

 冒険的な作品は難しいだろう」

という反省の声が上がっている。
 


東京マラソン3/3

maprikujou_woman_marathon
 
 先頭集団はマラソンなんだけど
  後ろの方を見ると
 仮装行列なんですよ  (^_^;)
 

詳細はここをクリック


昨日の東京マラソン

marathon
rikujou_woman_marathon昨日の東京マラソンを応援していたら
 こんなものを配っていました
中は空気の細長いビニール袋なのですが
 たたくとカンカンと金属的な音がします
とにかくものすごい人数で 先頭集団は記録を狙っているようですが
 後ろの方になると 仮装行列のムードがただよっていました  (^_^;)
img_cb09d99dcd12f9774d481d2f9cc7a4a2292043
maxresdefault
img_0


東京マラソン2018

WS000000

rikujou_man_marathon
 
マラソンって 生放送で見ると
 なんとなく ずっと見てしまう  (^_^;)
 

詳細はここをクリック


箱根駅伝 青学大が3連覇

124昨年のスタート地点はここをクリック

 箱根駅伝は、最終10区(23・0キロ)も青学大が安定した走りを見せて、11時間4分10秒で総合優勝。

 3連覇で、今季の大学駅伝3冠を達成した。3連覇は2005年まで4連覇した駒大に続き、史上6校目。

 トップでたすきを受けた青学大・安藤(4年)は終始、堅実な走りで、後続の追随を許さなかった。往路を制した青学大は復路では、1度も逆転されることなく、トップを走り続け、2位の東洋大に7分21秒差をつける圧勝だった。3位は早大、4位は順大だった。5位は神奈川大で、10位以内に与えられるシード権を12年ぶりに獲得した。

 6位中央学院大、7位日体大、8位法大、9位駒大。10位東海大はぎりぎりでシード権を獲得した。

 


猫ひろし マラソン代表に選出

8716731240
カンボジア・オリンピック委員会は3日、同国籍のタレント、猫ひろし(本名滝崎邦明)(38)を、リオデジャネイロ五輪男子マラソン代表に選出したと発表した。
首都プノンペンで行われた記者会見で猫は「(選出は)素直にうれしい。リオは(カンボジアより)気温が低いので、自己ベストを狙いたい」と抱負を語った。
猫の自己記録は、2015年東京マラソンで出した2時間27分52秒。トレードマークの「ニャー」のポーズは「(五輪で)ゴールしてから、最高の ものをやらせていただきますニャー」と話した。また、20年東京五輪出場の可能性についても「チャンスがあれば、カンボジア代表選手として走りたい」と 語った。
猫は5月8日のカンボジア代表選考会で優勝。2時間19分0秒の五輪参加標準記録には届かなかったが、その国で陸上の全種目を通じて記録の突破者がいない場合に男女1選手ずつを派遣できる特例措置で代表に選ばれた。
11年にカンボジア国籍を取得した猫は、12年ロンドン五輪代表に選出されたが、国際陸連が参加資格を満たしていないと判断したため、出場できなかった。


陸上競技前のパフォーマンス

 
人類の肉体の限界に挑み続ける陸上競技。厳しいトレーニングを積み、調整に調整を重ね、パーフェクトなコンディションで試合に臨む選手たち。勝負を決めるのは、あとはどれだけ気持ちを高められるかである。
先日、スペインのバルセロナで行われたジュニア陸上選手権、女子100メートルハードルに参加した美少女選手は試合直前に軽くダンスをした。とびきりの笑顔。
スタート直前にぷるぷるキュートなパフォーマンスを見せたのは、オーストラリアの女子ハードル選手Michelle Jenneke選手(19)だ。
そしてダンスがプルプルしていてちょっぴりセクシー。めちゃくちゃ可愛いと話題になっている。
 

 
なんか走るのがとても楽しそう  いい感じです
女子陸上は「見るスポーツ」になりましたねー
もうすぐオリンピック (^_^;)