火曜日, 1 of 12月 of 2020

Category » ゴルフ

ゴルフで突然死

Close up golf ball on green grass field. sport golf club

golf_settai

 

 死なない程度に

  ゴルフしましょー

 (^_^;)

 

一般的に、ゴルフは心臓に大きな負担がかかるスポーツです。

ある調査推計によると、プレーしている最中に突然死した人は年間200人前後。

とりわけ40歳以上で突然死を起こしたスポーツは、ゴルフが圧倒的に多く、原因は心筋梗塞などの心臓疾患が80%以上を占めていました。

特にリスクが高いのは

「1番ホールのドライバー」

「1.5メートルのパット」

だと指摘します。

詳細はここをクリック

 


若洲を歩く

042

詳細はここをクリック


安すぎる

WS000000
英国出身のプロゴルファーで、4大大会で4度の優勝を誇るロリー・マキロイさん(28)の生まれ育った家が32万ドル(約3500万円)で売りに出されている。
寝室4部屋のこの家は、マキロイさんの出身地でもある北アイルランド・ハリウッドにある。
庭には小さなゴルフコースも備わっている。マキロイさんが腕を磨いたゴルフクラブまでは徒歩20分だ。
経済誌フォーブスが発表した2017年のスポーツ長者番付によれば、マキロイさんは約5000万ドルで全体の6位。ゴルファーとしては首位だった。
この収入であれば、生まれ育ったハリウッドの家を156回購入できるだろう。
マキロイさんは2012年、米フロリダ州パームビーチに950万ドルで住宅を購入。
寝室6部屋のほか、バスルーム9つにジムやゴルフ用のグリーンもあるという。
103110_204272
 
現在の家との差が30倍
なんでそんなに 安いんだろう  (・_・?)
 


日本のゴルフ場経営 破綻への秒読み

ws000000
 
日本のゴルフ場経営が、人口減少と若者のゴルフ離れを受け、瀬戸際に立たされている。
全国にあるゴルフ場のうち、外資系などを除く約8割が「進むも地獄、撤退も困難」な状況。
コースの一部を太陽光発電に変更するなど、あの手この手の対応に追われてい る。
ゴルフ場経営にこの先展望は開けるのだろうか、最新情勢をリポートする。

つづきはここをクリック »


ゴルフ カップのフチ子

topimage_23792_640_0
スタジオアリス女子オープン第2日(9日、兵庫・花屋敷GCよかわC=6293ヤード、パー72)プロ3年目の鬼頭桜 が失格となった。
問題となったのは前日の第1ラウンド(R)のスタートホールだった10番(パー5)。
残り20ヤードの第3打をチップインのイーグルだっ たが、ボールはカップの縁に挟まった状態で、完全にホールに入っていなかった。
この場合、本来はピン(旗竿)を動かすか、取り除いて、 ボールをホールに落とさなければならなかったが、鬼頭はそのままボールを拾い上げた。
これを見ていた観客からの指摘が第2Rスタート後にあり、日本女子プ ロゴルフ協会の競技委員会が第2R終了後に確認し、鬼頭も認めた。
今回の行為はゴルフ規則17の4「旗竿に寄りかかっている球」および同3の2「ホールアウトの不履行」に抵触し、失格となった。
第1Rを67で2位発進、第2Rはスコアを落としたが20位前後とみられた鬼頭は「ルールは知らなかった。悔しい」とぶ然としていた。
プロでも こんなこと あるんだね
それにしても 鬼頭桜って スゴイ名前  (^_^;)
 


レーシック手術数は激減している

 
メガネに水滴が垂れ、ボールがよく見えない──。
横浜市在住の眞野覺さん(72歳)はゴルフが一番の趣味だ。
40代まではスコアは90を切り、 60歳を過ぎて飛距離は落ちたが100を切る腕を誇る。
しかし、雨の日のゴルフだけは好きになれなかった。
雨が降るとメガネが邪魔で5打、6打と余計に打 ち込んでしまうからだ。
10年前のある日、テレビの特集番組で「レーシック」なる視力矯正手術があることを知った。
つづきはここをクリック »