火曜日, 2 of 6月 of 2020

Category » 数学

読書 心配学

41304H9RZiL

 

書名がいいですね、「心配学」ですよ

「日本心配学会」とか「××大学心配学部」とかあったら笑えるかも

とにかく人間にとって、生きていくうえで避けて通れないのが「心配」

心肺停止するまで、「心配」は停止することが無い

いま中国コロナで、世界中が「心配」だらけの毎日ですので読んでみました

2016年に出た本なので、中国コロナは出てきませんが、テロとか飛行機事故とか、病気、天災、原発、食品の安全、地球温暖化など、いろいろ「心配」のタネについて、その正しい危険性を判断するための考え方を説明

さらに正しい危険性と「心配」がズレるメカニズムを、統計学や心理学を絡めて、非常に分かりやすく分析しています

著者は元大型トラックのドライバーで、人生の途中から一念発起して心理学者(心配学者?)を目指したという、かなりの変わり種

写真も何となく、教壇よりトラックの運転席が似合いそう

(^_^;)

 


映画 イミテーション・ゲーム

job_suugakusya

 

 ナチスの暗号「エニグマ」の解読に成功した数学者の物語

  第二次大戦の本当の戦場は、数学の研究所だった

 フォン・ノイマンと並ぶ、コンピューターの生みの親

  最近見た映画の中ではダントツに素晴らしい!

 主役の若い頃が、将棋の藤井棋士に似ている  (^_^;)

 


愛の方程式

胸のところに、小さく1行の数式が刺繍されているエプロンの画像がネットで話題です。

つづきはここをクリック »


ウイルス拡散3Dモデル

download

 

 この種の数学モデルは

  パラメーターの値を少し変えただけで

 結果が激変したりするので

  参考程度に見ておくのが良いと思います  (^_^;)

 

アールト大学・フィンランド気象研究所・フィンランドVTT技術研究センター・ヘルシンキ大学の合同研究チームが、

中国コロナウイルスに感染した人のせきが

どのようにして屋内に拡散していくのか

をCSCのスーパーコンピューターでシミュレートした結果を視覚化したムービーを公開しています。

中国コロナ(COVID-19)の典型的な症状である「乾いたせき」の粒子サイズは15マイクロメートル未満と考えられているため、ムービーでは感染者のせきによって気管から放出される20マイクロメートル未満のエアロゾルの拡散状況を視覚的に表現しています。

このムービーでは、

スーパーマーケットなど食料品店が屋内空間として想定

されており、人と人の間には2メートルほどの高さの棚が並んでいます。

なお、この屋内空間は換気まで考慮に入れられているとのこと。

このムービーは20マイクロメートルのエアロゾルの拡散状況を示したものですが、A型インフルエンザウイルスは5マイクロメートル未満の粒子に含まれることが研究によって確認されています。

研究チームは、以上のムービーで示されるように中国コロナウイルスの感染者が放出したエアロゾルは感染を増やす可能性を指摘。

今回の結果は、フィンランド保健福祉研究所が推奨してきた

「体調が悪い場合には家にとどまって、あらゆる人との物理的な距離を保つ」

「せきをする場合は袖口やティッシュで口を覆う」

「手をしっかりと洗う」

などの指示の重要性を確認するものだと述べています。

今回の研究結果を報じるアルト大学の記事は、

「ショップ・レストラン・公共交通機関などの混雑しやすい場所を使う人の数が減ると、ウイルスの拡散が鈍化したり、完全に抑制されたりすることが知られています。現在の情報によると、新型コロナウイルス感染症の主な原因となる飛沫感染のリスクを減らすためには、人の多い屋内を避けるべきです」

と記しています。

 


中国コロナ検査の数学


ABC予想 証明できた

maxresdefault

job_suugakusya

 

 日本は異質な人材を排除するので

  天才が育ちにくい風土

 かもしれません  (^_^;)

 

 

「ノーベル賞が何個あっても足らないほどの成果」

親交のある「ABC予想」に詳しい東京工業大学の加藤文元教授は以下のように評価しています。

「(望月教授が提唱し、ABC予想を証明した)IUT(宇宙際タイヒミューラー)理論は、数学界の『革命』と言っていい。ノーベル賞が何個あっても足らないほどの成果だ」と。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200403-00000112-mai-sctch

とにかく大変な業績だということだけは、私にも何とか理解できます。

望月教授の生い立ちや人となりについては、同僚の玉川安騎男教授が以下のように説明しています。文章を要約して紹介します。

 「望月教授は、1969(昭和44)年3月29日東京都生まれ、5歳の時に父親の仕事の関係で渡米されて以来、中学時代1年間だけ日本に戻った以外は、米国で過ごし、1988(令和元)年19歳で、米国の名門プリンストン大学数学科を卒業し、1992(平成4)年、23歳で同大大学院数学科博士課程を修了して博士号を取得します。
同時に、日本に戻り、京都大学数理解析研究所助手に就任し、1996(平成8)年27歳で助教授、2002(平成14)年23歳で同大教授となりました。

普通の研究者であれば、数学界のノーベル賞であるフィールズ賞(4年に1回40歳以下)を狙うところを、賞に無欲、無欲というより否定的で狙うことをせず、十分時間をかけて基礎理論を満足のいくような形で完成させたいと日々注力しています。

途中の理論についても、全て公開しており、それを見て誰かが先に証明してしまうのではないかという周囲の心配もどこ吹く風で「自分の理論を理解して先に証明してくれるのであれば、むしろありがたい」と話をしていました。」

http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/~motizuki/tamagawa-mochizuki-shinichi-san-no-suugaku.pdf

天才であり、完璧主義者の望月教授。無欲は大欲に繋がり、京大の自由で国際的な学風もあって、今回の成果が得られたのではないかと思います。ただし、米国で学んでいなかったら、この天才を我が国の教育制度で、ここまで伸ばすことができたか、論文出版に8年間もかかったことを思うと・・・疑問ではあります。

望月教授の偉業に敬意を表しつつ、改めて我が国の教育制度等を見直していきたいと思います。

なお、ダメ元と思い、「ABC予想」について、親交のある東工大の加藤教授の著書『宇宙と宇宙をつなぐ数学 IUT理論の衝撃』(KADOKAWA 2019)1760円を購入して、勉強してみようかと思っています・・・。隣室の秘書からは「・・・」と無言。読後の感想は、多分ないと思いますが・・・

https://www.kadokawa.co.jp/product/321802000140/

 


 

 

現代数学で最も重要な難問とされる「ABC予想」を証明したとする京都大学数理解析研究所の望月新一教授の論文が、同研究所の編集する専門誌「PRIMS」に掲載されることが3日までに決まった。

論文はインターネット上に2012年から公開されていたが、8年越しで専門誌に掲載されることとなる。

整数では足し算と掛け算ができるが、ABC予想はその二つの演算の絡み合い方に関する問題。

1980年代に欧州の数学者たちに提唱された。

ABC予想の成立を仮定すると、多くの未解決の予想が証明されるため重要な問題とされてきた。

論文は四つあり、計約600ページに上る。

PRIMSの編集委員長は望月教授だが、同研究所の柏原正樹教授と玉川安騎男教授が共同編集委員長となり、望月教授を除いた特別編集委員会をつくって今回の論文を審査した。

望月教授は発表したコメントで、証明の難しさについて「既存の数学理論と難しさの種類が違うことはあると思う」と説明。

専門の研究者にとっても「まったく違う枠組みの議論につまずいてしまうことも起こり得る」とした。

望月教授は、16歳で米プリンストン大に飛び級で入学、19歳で同大学数学科を卒業。

2002年に32歳で京大の教授に就任した。

京都で研究してきた意味について

「数学の研究を進めるには、ある程度話が通じる相手が

 ある程度の人数いる環境でないと難しい」

とし、数理解析研究所に優れた研究者たちが在籍する利点を強調した。

 

OBJET-001

 


ドイツ銀行はいつ倒産するのか?

9
bousai_goods
 
 「その時」なにが起こるか分からないので
   水と食料だけは確保しておこう
 と思います  ((((;゚д゚))))
 
現在、何が世界の投資家たちを怯えさせているのか?
といえば、もちろんドイツ銀行CDS問題である。
なぜ破綻が避けられないかというと、ドイツ銀行が抱えるCDS(クレジット・デフォルト・スワップ=債権補償保険=デリバティブ)債務の総額が、8000兆円規模で、世界の実体経済総額に匹敵するから。
bakudan
ちなみに日本のDGPは約500兆円だから、その16年分に相当する天文学的な数字である。
ドイツ銀行がこの超巨額債務を完済できる可能性は、限りなくゼロに近い。
あのリーマンショックの債務総額より2ケタ多い
景気凋落による企業破綻が連鎖すると、それを保証しているCDS債務が、軽く地球経済の総額を超えてしまうのだ。

詳細はここをクリック

 


中学受験問題

WS000

▲クリックすると拡大します

tsugaku
 
  電車の中に貼ってありました
   中学受験問題だそうです
  これを小学生が解くんですかね~  (^_^;)


数学を全員に課す

lif1806240032-p1
私立大最難関とされる早稲田大政治経済学部の一般入試で「数学」が必須化されることになり、大学受験関係者に衝撃が走っている。
私大文系学部の定番受験科目「国語」「英語」「地理歴史」などで挑む志願者離れの可能性も指摘される一方、「様子を見た上で追随する大学が出てくるかもしれない」(大手予備校職員)との見方も浮上。
早大の改革は私立文系入試の今後を占う試金石にもなりそうだ。
job_suugakusya
 
 地頭を鍛えるには 数学が一番かも  (^_^;)
 
つづきはここをクリック »


数愛ずる姫君

img_0公益財団法人日本数学検定協会(所在地:東京都台東区、理事長:清水静海)は、 一般財団法人理数教育研究所が主催している「塩野直道記念 第5回『算数・数学の自由研究』作品コンクール」(通称「MATH(マス)コン」)の 優秀賞の1つである日本数学検定協会賞の受賞作品を決定し、2017年12月17日(日)に東京都内で行われた表彰式典で 受賞者を表彰いたしました。
WS000000■京都府在住の15歳女子に「日本数学検定協会賞」を授与 
本コンクールに協賛している当協会は、応募したすべての作品のなかから、 とくに算数・数学の研究として優れたレポート1作品に優秀賞として「日本数学検定協会賞」を授与します。
今回は「フィボナッチ数列は2進数でも美しいのか」というテーマで研究した 京都府在住の吉田桃子さんに授与いたしました。
受賞した吉田さんは、「私が今回取り組んだテーマは、数学とプログラミングという自分の好きな分野を組み合わせたもので、 研究することはとても楽しかったです。これからも技術を学び、すばらしい賞をいただけたことに恥じないよう、 精進していきたいと思います」と受賞の喜びを語りました。
■フィボナッチ数列を2進数に変換して規則性を探して考察した研究レポート
吉田さんは「自然界に多く存在するフィボナッチ数列とコンピュータを動かす2進数、 対極にあるようなものを組み合わせてみるとどうなるのか」と疑問を持ち、研究課題に設定しました。
フィボナッチ数列とは、最初の二項が1で、 第三項以降がすべて直前の二項の和になっている数列(1、1、2、3、5、8、13…)のことです。
研究では、2進数のフィボナッチ数列を書き出すために自分で計算プログラムを作成し、数列を算出しています。 2進数で表されたフィボナッチ数列を自分でたてた予想をもとに分析し、規則性を見つけ出しました。 さらに、その規則性がなぜ生まれるのかまで考察しています。 この作品は身近なところからテーマを発掘しながらも、 オリジナルの考察を加えて研究の精度を高めたところがたいへん優秀であることから、今回の受賞が決定いたしました。
経済情報チャートの背景-Financial-information-chart-イラスト素材-300x298
 
  フィボナッチ数列は
 株価や為替の分析によく使われます  (^_^;)