火曜日, 11 of 8月 of 2020

Category » 20【なう】

トランプの夢

low-angle-view-of-statues-at-mount-rushmore-national-memorial-against-sky-903996590-5c48a933c9e77c00019afb1e

815411768

 

 トランプって頭いいんだけど

  それをひけらかさず

 そこらの素朴なじいさんを演じられるのが

  スゴイと思う  (^_^;)

 

米サウスダコタ州のラシュモア山に刻まれた元大統領4人の顔に新たな彫刻を加える手続きについて、ホワイトハウスが昨年、同州のノーム知事に問い合わせていたことが分かった。

米紙ニューヨーク・タイムズが伝えた。

ラシュモア山の巨大彫刻には

ジョージ・ワシントン

トーマス・ジェファーソン

エイブラハム・リンカーン

セオドア・ルーズベルト

という偉大な大統領の顔が並ぶ。

トランプ大統領は、ここに自身の顔を加えることが望みとされてきた。

同紙が事情に詳しい関係者の話として伝えたところによると、ノーム氏はこれを受けて、先月4日の独立記念日に同州を訪れたトランプ氏に、ラシュモア山のレプリカを贈呈した。

高さ約1.2メートルのレプリカには、トランプ氏の彫刻が追加されていた。

ノーム氏は2018年のインタビューで、トランプ氏とホワイトハウスで初めて対面した時にラシュモア山の話が出たと語っていた。

ノーム氏が握手をしながら

「いつかサウスダコタ州にいらしてください。

 ラシュモア山があります」

と言ったのに対し、トランプ氏は

「私の夢は、ラシュモア山に自分の顔を刻むことだ」

と返した。

ノーム氏は最初、冗談だと思って笑い出したが、トランプ氏は真剣な表情だったという。

ラシュモア山の彫刻をめぐっては、制作の意図や経緯が先住民らに批判されてきた経緯がある。

これに対し、トランプ氏は独立記念日の演説で

「(彫刻は)わが国の先人と自由をたたえる象徴として永遠に立ち続ける」

と強調していた。

 


中国のジャンヌダルク逮捕

00a003b2

▲中国のジャンヌダルク 周庭(アグネス・チョウ)氏(23)

mig

 

 香港の自由の女神が逮捕されました

  残酷な魔女狩り裁判にかけられて

 火あぶりの刑になるかも  ((((;゚д゚))))

 

香港警察は8/10夜、2014年の香港民主化運動「雨傘運動」のリーダーだった

周庭(アグネス・チョウ)氏(23)を香港国家安全維持法(国安法)違反容疑で逮捕した。

周庭氏逮捕の前には外国勢力と結託して国家の安全に危害を加えたなどとして、香港紙、蘋果(ひんか)日報の創業者、黎智英(ジミー・ライ)氏(71)や同紙社長ら少なくとも9人を同法違反などの容疑で逮捕した。

6/30に施行された国安法の違反容疑で民主化運動の主要人物が逮捕されたのは初めて。

「国安法による弾圧」(民主派)が本格化し、主要メンバーの逮捕が相次ぐ恐れがある。

周庭氏の詳しい容疑は明らかになっていない。

周庭氏は雨傘運動の際、民主化運動の「女神」と称された。

流暢(りゅうちょう)な日本語を使い、香港民主化運動の理解を求める講演を日本で行ってきた。

usotsuki-1-1-1

また、黎氏が創業した蘋果日報は香港政府や中国共産党への批判的な論調で知られる。

警察は10日、蘋果日報を発行する壱伝媒(ネクスト・デジタル)本社を家宅捜索した。

黎氏の息子2人も逮捕された。

この日の捜査は香港警察内に設けられた国安法部門が指揮した。

実業家の黎氏は香港民主化運動の有力な支援者。

黎氏は昨年、米国でペンス副大統領やポンペオ国務長官らと面会。

中国当局は反政府デモの「黒幕」「民族のくず」「米英の走狗(そうく)」などと非難していた。

黎氏は国安法施行前の6月下旬、インタビューに

「国安法により一国二制度の香港は死に至る」

「私は(同法違反容疑で)逮捕、収監されるだろう。

 (公判では)法治と自由の重要性を訴えていく」

と語っていた。

 


青森県の「正義の人」

5251782

figure_tekken1_seigi

 

 この怪文書を書いた人は

  自分が「正義の人」だと確信して

 書いたんでしょうね  ((((;゚д゚))))

 

墓参りなどのため東京から青森に帰省した長内和雄さん(64)の生家に

「何を考えてるんですか?」

「さっさと帰ってください!!」

など、帰省をとがめる内容の手紙が投げ込まれた。

長内和雄さんが玄関先に落ちていた白い紙を見つけたのは7日朝。

ごみを捨てに行こうとしていたところで、丸めて捨てようとしたら

「なんでこの時期に東京から来るのですか?」

「安全だと言いきれますか??」

などの文字が目についた。

文章は手書きで匿名。

すぐに警察へ通報した。

summer_kisei

長内和雄さんは5日に東京から青森に帰省

7月末までに2度、自主的にPCR検査を受け陰性だったという。

8日の取材に長内和雄さんは、

「(紙を置いていった人が)考えるほど

 (自分は)無神経ではない!」

と憤った。

今後さらにお盆の帰省者が増えることに触れ、

「青森に来る人が嫌な思いをしないよう、

 相手の気持ちになって考えてほしい!」

と訴えた。

 


アミーラの妹 公開

pet_honyubin_cat_utsubuse

 

 4月に生まれて次が7月

  出産ペースが速いですね

 年に4回生むつもり?

  (^_^;)

 

「スナネコ」の赤ちゃんが、新たに3匹誕生し、このうち1匹が今月12日から一般公開されることになりました。

アミーラの妹たち3匹のうち、1匹が衰弱していたため、動物園では人工保育に切り替えて世話をしていました。

生まれた時のおよそ5倍の370グラムまで育ったことから、今月12日から一般に公開します。

那須どうぶつ王国の櫻井大城飼育員は

「再び妊娠したと聞いた時は大変驚きましたが、

 うれしさとともに責任を感じました。

 元気いっぱいの赤ちゃんを多くの人に見てもらいたい」

1-10-300x203

と話していました。

一方、一緒に生まれた残りの2匹は母親ジャミールが育てていて、順調に成長しているということで、動物園は今後、公開の時期を検討するとしています。

 


読書 「おかげまいり」と「ええじゃないか」

41PM+1mw+UL._SX301_BO1,204,203,200_

おかげまいり」は、江戸時代に起こった伊勢神宮への集団参詣

数百万人規模のものが、およそ60年周期(「おかげ年」と言う)に3回起こった

ええじゃないか」は、特に最後の回(慶応3年・1867年)で発生した集団乱舞だが、これは明治元年の前年

著者は1912年生まれの京大出身の歴史学者なのだが、ガチガチのマルクス教信者のようで、階級闘争に結びつかないと価値を認めないようなところがあり、本書が刊行された1968年ころの時代精神(70年安保闘争のころ)が伝わって来る

観光旅行など多くの人には夢のような話だった江戸時代に、伊勢神宮めざして数百万人規模で「民族大移動」をしたという事実に驚く

伊勢神宮の近隣はもとより、遠く九州や東北地方からも、みんな歩いて伊勢をめざした

当時の人口(3000万人くらい)を考えると、長距離を歩ける者の3人に1人くらいが、民族大移動に参加したことになる

60年周期とすると、1867年の次は1927年(昭和2年)で、この時は金融恐慌など社会不安は大きかったが、「おかげまいり」は起きなかった

しかし、少し後に満州事変が起きて日中戦争に突入していくが、このころ日本軍は連戦連勝で、大日本帝国の支配地が広がることに熱狂している国民も少なくなかった

その次は1987年(昭和62年)で、バブルの真っただ中、日本中が狂喜乱舞した時代

さらに次は2047年ですけど、それまで生きてるかな~?

(^_^;)

 

▲伊勢神宮

 

映画「ええじゃないか」

 

▲バブルのころのジュリアナ東京

お姉さんたち 今は還暦くらい?  (^_^;)

 

▲最近の伊勢神宮への集団参詣

 


韓国名物ローソク集会

1

rousoku▲ローソク集会

 

 韓国伝統の夏の風物詩「ローソク集会」が始まりました

  事実上の韓国の最高意思決定機関とされており

 大統領を刑務所にぶち込むことも出来ます  (^_^;)

 

3278789

 

手錠をかけられて刑務所に収監されている

韓国の前大統領・朴槿恵(パククネ)→

 

韓国の文在寅(ムンジェイン)政府の不動産政策を批判し、一か月以上「リアルタイム検索語チャレンジ」を続けてきた韓国ネチズンたちが、今度は汝矣島公園でローソク集会を開催すると発表した。

ネイバーカフェ「6・17規制遡及適用被害者救済のための会」などの運営スタッフは

「来る8月8日午後6時、汝矣島公園で

 ローソク集会を開催する!」

と会員の参加を促した。

これらは7月25日にも、ソウル中区預金保険公社の前で、オフライン集会を開き、文在寅政府の不動産対策に抗議した。

最近の文在寅政府からの民心離反は深刻な水準だ。

8/5には与野党の支持率が逆転し、与党「共に民主党」34%、野党「未来統合党」36%となっている。

 


日本の貨物船が座礁

837151516
575857

fune

 

 タンカーではないから 油量は少ないとしても

  上の写真で見る限り 海岸に近そうだし

 油濁汚染が問題になるかもしれません  (;´Д`)

 

世界有数の美しいサンゴ礁を誇るモーリシャス

日本の商船三井所有の貨物船「わかしお」から、燃料が漏れ出していると8/6発表した。

環境活動家らは、周囲に大きな影響が出る恐れを危惧している。

「わかしお」は7/25にモーリシャス南東部沖で座礁。乗組員は安全に避難した。

2007年に建造され、総トン数10万1000トン、載貨重量トン数が20万3000トン、全長299.95メートル。

モーリシャス地元メディアは、燃料4000トンを積んでいたと報じている。

「わかしお」が座礁したのは、国際的に重要な湿地の保全を目的としたラムサール条約(Ramsar Convention)の指定地域に含まれているポワントデスニー(Pointe d’Esny)で、ブルーベイ(Blue Bay)海洋公園に近い。

環境省によると、ポワントデスニーと同海洋公園に汚染防止装置が送られた。

モーリシャス政府は近隣のフランス海外県レユニオン(La Reunion)に支援を依頼しているという。

カビダス・ラマノ(Kavy Ramano)モーリシャス環境相は記者会見で

「われわれは環境危機に直面している」

と述べた。

またスディーア・モドゥー(Sudheer Maudhoo)漁業相は

「この種の大惨事に見舞われたのは初めてで、

 問題の対応に当たるには、われわれの装備は不十分だ」

と認めた。

両氏によると、何度か船の安定を試みたものの、海が荒れており全て失敗に終わっている。

また流出した燃料をポンプでくみ上げる作業も奏功していないという。

環境保全活動家らは、モーリシャスの海岸に壊滅的な被害が及びかねないと不安視している。

モーリシャスは、食料面でも観光業でも海に大きく依存している。

 

▼過去の油濁汚染事故

658652

 


アミーラの妹たち誕生

images

 

 ネコは年に2~3回

  子ネコを生みます

 (^_^;)

 

栃木県那須町大島の那須どうぶつ王国で「砂漠の天使」と呼ばれる世界最小級の野生ネコ「スナネコ」の雌3匹が誕生し、健やかに育っている。

雄のシャリフ、雌のジャミールが両親。

母親は4月末に雌のアミーラを産んだ後、今回生まれた3匹を妊娠し、7月9日の早朝に出産した。

2匹は母親が巣箱で育て、1匹は出産直後に低体温で衰弱したため人工保育に切り替えた。

現在の3匹の体長は約19センチ、体重は誕生時の3.5~5倍の約350グラムとなった。

今月12日からは人工保育で育った1匹を一般公開する。

名前は、アミーラの名前を公募した際に集まった候補から選ぶ。

飼育員の荒川友紀(あらかわゆき)さん(28)は

「鼻筋が通ったキリッとした表情と気の強さが魅力。

 人気者になってほしい」

と話した。

他の2匹は巣箱から出るようになってから公開を検討する。

 


赤坂大輔 逮捕 港区議会議員

hh280_AS20200806002463_comm

taiho

 

 まったくもー

  港区の恥さらし

 だなぁー  (;´Д`)

 

神奈川県警宮前署は8/6、駐車場で10代少女に下半身(性器)を露出したとして、公然わいせつの疑いで、自称東京都港区北青山、港区議会議員、赤坂大輔(48)を現行犯逮捕した。

宮前署によると

「右手で性器を隠し、左手でズボンを下ろしていたので、性器は見せていない」

などと容疑を否認している。

赤坂大輔は、日本維新の会所属の現在4期目で、次期衆院選で公認候補となる、東京1区の支部長も務めている。

赤坂大輔の逮捕容疑は、8/6午後1時半ごろ、川崎市宮前区鷺沼3丁目のカラオケ店駐車場で、10代女性に下半身を露出した疑い。

2016年には、タクシー運転手を殴ってけがを負わせたとして、警視庁に傷害容疑で逮捕されている。

【続報】

東京維新の会は8/8夜、公式ツイッターで、8/6に公然わいせつの疑いで現行犯逮捕された、港区議の赤坂大輔(48)を同日付で除名処分にしたと発表した。

「東京維新の会に所属する港区議会議員の赤坂大輔が、令和2年8月6日、公然わいせつの疑いで現行犯逮捕されました。被害に遭われた方々に、心よりお詫び申し上げます。この件を受け、日本維新の会は本日付で、赤坂大輔議員を除名処分といたしました」

その上で、松田哲也幹事長名で

「東京維新の会は綱紀粛正に努め、区民の方はじめ、皆さまから頂いてきた信頼の回復に、全力を挙げて取り組んでまいります」(原文のまま)

とした。

523318

 

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

 

ちなみに、マック赤坂さんは、

マジメに港区議会議員をつとめているようです (^_^;)

 

 


訃報 ピート・ハミル

img_news

映画「幸福の黄色いハンカチ」の原作者として知られるアメリカの小説家、ピート・ハミルさん(→)が、5日、亡くなりました。

85歳でした。

ピート・ハミルさんは、1935年、ニューヨーク市の南部、ブルックリンで生まれ、地元紙の記者や編集者をへて、1968年、作家として初めての小説を出版しました。

ニューヨークを舞台にした作品をはじめ、数多くの長編や短編小説を執筆し、ごく普通の人たちが織りなす日常や心情に光りをあてた「ニューヨーク・スケッチブック」などで人気を博しました。

また、山田洋次監督の映画、「幸福の黄色いハンカチ」の原作者としても知られています。

ハミルさんの弟、デニス・ハミルさんはアメリカ、ABCテレビに対し、ハミルさんが5日、腎不全などのため亡くなったことを明らかにしました。

訃報を受けて、ニューヨーク州のクオモ知事は、ツイッターに

「ハミルさんは、卓越したジャーナリストや作家というだけではなく、ニューヨークの代弁者でした。かけがえのないニューヨーカーに別れを告げるときが来ましたが、彼の遺産と仕事は生き続けます」

と投稿しました。