月曜日, 3 of 8月 of 2020

Category » 古代史

読書 一つの教訓・ユダヤの興亡

41lefrsByML._SX350_BO1,204,203,200_

著者は「日本人とユダヤ人」の山本七平で、本名で書いている

ユダヤ教に関する学識の深さに圧倒されそうになる

著者の略歴を見ると、学徒動員で招集され、終戦時はフィリピンにいて、2年間を捕虜収容所で過ごしている

アカデミズムとは無縁で、出版社「山本書店」を経営するかたわら、ほとんど独学を続け、48歳で書いた「日本人とユダヤ人」などで注目されて評論家として活躍する

本書では、ユダヤ人とローマ帝国の戦いを太平洋戦争に重ね合わせ、強大な国家との付き合い方を論じている

その意味で、「日本人とユダヤ人」と同様に、ユダヤ人論と言うよりは、日本人論なのかもしれない

ローマ帝国もアメリカ帝国も、強大だが普段は寛大なお殿様なので、その臣下が弱小なうちは可愛がってくれるが、お殿様の地位を脅かすようになると、全力で叩き潰しに来る

大日本帝国は軍事力でアメリカお殿様に挑戦して、太平洋戦争で叩き潰され、経済力で挑戦して(経済大国ジャパン・アズ・ナンバーワン)、日米貿易対立からプラザ合意、その後のバブル崩壊で叩き潰された

2度の失敗から教訓を学んだのか、たまたま結果がそうなったのか、今の日本は自由経済圏2位という、かなり居心地の良い境遇に甘んじている

日本の次にアメリカ帝国に挑戦したソビエト帝国は、自己崩壊して消えた

今また似たような独裁体制の中華帝国が無謀にもアメリカに挑戦して、追い詰められようとしている

さらにEUを実質支配したドイツ第4帝国も、2度の失敗に懲りず、絡んで来ている

ローマ帝国が消えたように、いずれアメリカ帝国も滅亡するかもしれないが、それは数百年先かもしれない

この著者の本を、もっと読みたくなった

(^_^;)


読書 驚くべき旧約聖書の真実

51CCy94ihpL

地球物理学者が旧約聖書を読み、それと考古学の発掘成果を照らし合わせ、さらに過去数千年にわたる気候変動や天変地異との関係を考察したユニークな本

そして旧約聖書は単なる神話ではなく、かなりの部分が事実に対応していると結論する

著者である竹内均は、なんと著書450冊を書き、さらに東大教授退職後は雑誌「ニュートン」の編集長をつとめたほど啓蒙熱心なので、文章は非常に読みやすい

2004年に亡くなられているが、ご存命ならば、今月7/2で100歳である

(^_^;)


読書 聖書の世界

月本 図説聖書の世界  -_01

旧約聖書は紀元前2世紀、新約聖書は4世紀に、聖書編集委員会のような集まりがあって、いろいろあった記録史料の中から、これはいい、あれはダメ、などと取捨選択されてまとめられました

当然ですが、宗教の正統派を自認する人たちが選ぶ訳ですから、これは都合が悪いという「異端」史料は捨てられます

さらに、聖書の内容が余り膨大になると面倒なので、どうでもいい些末な史料も除かれます

そうやって削除された史料は「外典・偽典」などと呼ばれており、さらに聖書編集委員会の後に発見された重要史料(例えば「死海文書」)もあります

本書では、これらの聖書から漏れている史料の説明もあって、聖書成立の裏側が見えてきて面白い

「定価580円」とあるように、この本はコンビニの雑誌コーナーの片隅に置いて売ろうとしたらしく、一般大衆向けに分かりやすく書かれています

コンビニに牛乳を買いに来たついでに、聖書の本を買う人がどれほどいるのか知りませんが、それなりにいるから出版されたんでしょうね

(^_^;)


読書 日本ユダヤ超文明FILE

日本ユダヤ超文明FILE 雑誌ムー特集号1009 _01

日本ユダヤ同祖論というものがある

日本人とユダヤ人は、先祖が同じであるとする、かなり荒唐無稽な説なのだが、本書にはその「証拠」が山ほど集めてある

ユダヤ民族の歴史に12の支族が登場するが、そのうち10支族は今から2700年前にこつ然と歴史から姿を消し、行方不明になっている

この10支族が東へ東へと何世紀も旅(移住)を続け、ついに日本にたどり着いたというのが日本ユダヤ同祖論の骨子

日本にたどり着いた彼らは秦氏と名乗り、養蚕技術を伝えるなど、大和朝廷に多大な貢献をした

日本の古代史における秦氏の存在は間違いないのだが、問題は秦氏の先祖がユダヤ民族であるかどうか

正統な歴史学者から見れば、一種のトンデモ学説だと思うが、これが意外に面白く、中には信ぴょう性を感じさせるような「証拠」もある

日本では余り注目されていないが、イスラエルでは10支族の末裔探しが国家レベルで進められており、駐日イスラエル大使が必死に「証拠」集めをしたりして、日本との温度差が感じられる

(^_^;)

 


読書 コンサイスバイブル

聖書配布協力会 コンサイスバイブル EN_01

西麻布を散歩していたら、麻布霞町教会という小さな教会があって、その入り口に「自由にお持ちください」と置いてあったのがこの本

300ページ少々で、大きな活字でゆったり組んであるので、すぐに読める

旧約聖書と新約聖書の中から重要と思える文章を抜粋して、元の順序に関係なく再構成してあるので、大変読みやすい

分量で言えば、20分の1くらい

しかも要約ではなく抜粋なので、原文の雰囲気も伝わって来る

まことに初心者に親切な、聖書の入門バージョンと言える

聖書配布協力会というところが発行して、無料で配っているようで、教会へ行かなくてもここから入手可能

(^_^;)


読書 旧約聖書を知っていますか

419QCS5JKEL

 

聖書にはご存じの通り旧約と新約がありますが、旧約聖書はユダヤ教の聖典

もちろん「旧約」というのはキリスト教徒がそう呼んでいるだけで、ユダヤ教徒にとっては、旧約だけが「聖書」です

新約聖書を読んだことのある人ならご存じの通り、いきなり訳の分からない「××の父は××」みたいな系図の説明が始まって、それでウンザリして、聖書を読むのをやめた人も多いはず

聖書の民は、やたらと系図にこだわります

阿刀田高さんは小説家で、「奇妙な味」の短編推理小説で知られており、こっちも一時ハマリました

日本ペンクラブ会長を務めたり、行政能力も高いみたいです

そして小説のかたわら、古典文学の解説書なども書いています

さすが小説家だけあって、学者先生のお堅い本などとは比較にならない読みやすさ

まずあいやー、よっ!と覚えましょうと書かれています

ユダヤ人の先祖は、ブラハムから始まって、サク、コブ、セフ、・・・

この4人を押さえておけば、古代ユダヤ人の系図は理解できるそうで、その時には「あいやー、よっ!」と覚えればいいそうです

(^_^;)

 

 


読書 ゾロアスターの神秘思想

岡田 ゾロアスターの神秘思想 _01

一神教であるユダヤ教の成立に影響を及ぼした古代宗教に、ペルシャ(現在のイラン)のゾロアスター教があるので読んでみた

世界最古の一神教であると言われている

徹底した善悪二元論であり、この世のすべては善悪(神と悪魔、光と闇)の対決プロセスであると考える

光(炎)を崇めるので、拝火教とも呼ばれている

日本人などから見ると、西洋人は何でも二元論で割り切る傾向があるが、その背後にゾロアスター教があるのか、あるいは二元論的傾向の結果としてゾロアスター教が出て来たのか?

本家のイランはイスラム教に征服され、現在のゾロアスター教は世界全体で信者が数万人しかいない「消えつつある宗教」だが、インドのタタ財閥など信者には成功者が多い

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教だけでなく、仏教への影響もあって、特に空海の真言宗における大日如来信仰には、ゾロアスター教の影響が大きいとしている

ゾロアスターに相当するペルシャ語をドイツ語読みすると「ツァラトゥストラ」になり、ニーチェとの関係も深い

新書にしては微に入り細にわたる宗教論が展開されていて、1回読んだくらいでは頭の中が混乱している

ちなみに、自動車メーカーの社名「マツダ」(→)は、創業者の姓(松田)であるとdownload同時に、ゾロアスター教の神アフラ・マズダー(Ahura Mazda)に由来する

マツダのエンブレム、を表してるそうだが、のようにも見える

(^_^;)

 

66546587

▲ゾロアスター教の儀式

真言宗の護摩にちょっと似ている

unnamed

 


笑い仏

20200622-052744236

hotoke_asyura

 

 本当に 共産党さえいなければ

  いい国なんですけどねぇ  (^_^;)

 

中国甘粛省隴南市西和県でこのほど、法鏡寺の石窟の仏像の修復が行われたものの、その顔があまりにおかしいと大きな話題になっている。

問題の石の仏像は、目が大きく垂れ、口も歪み、なんともユーモラスな表情をしている。

現地の文化站(文化事業を担当する機関)の担当者によると、南北朝時代の北魏の太和時代(477~499年)に制作されたもので、大小合わせて十数体ある。

1998年に、像の頭部が破損していたことから、付近の村民が金を出し合い、職人に修復を依頼したという。

担当者は

「笑っているのが特徴の笑い仏です」

「前もこんな感じでした。ただ、修復した時に色を乗せただけ。

 基本的には大きな変化はありません。元の表情を基に修復したので。

 顔の変化は少しだけで、大きく変わっているわけではありません」

と説明した。

中国のネットユーザーからは

「何かがおかしい(笑)」

「思わず口角が上がった!」

「笑い死にしそう」

「ちょっと怖いけど笑える」

「仏像が笑っているかは分からないけど、私は笑った」

「夜中に出てきたら怖そう(笑)」

「いくら笑っているとはいってもこれはちょっと…」

「修復した人、美術を勉強したことないでしょ」

「元がこんなだったなんて信じられない」

といった声が上がった。

また、

「『大きくは変わっていない』ということは

 つまり変わったってことでしょ?

 文化財を駄目にした罪は重いぞ」

「地方が勝手に文化財に手を出さないよう法律を作るべきだ」

といった声も寄せられている。

 


読書 ソクラテス以前以後

619FdIjuRQL

 

ギリシャ哲学には非常に多くの哲学者が登場するが、ソクラテスを画期的存在として、その前後と比較している

1)ソクラテス以前 タレスを祖とするイオニア自然哲学

2)ソクラテス 自然探求から自己洞察(汝自身を知れ)へ

3)ソクラテス以後 プラトンとアリストテレス、そしてピタゴラスの影響

この進化を、子供の認識能力の成長にあてはめ、

0)乳児(哲学以前)自分と外部環境が意識の中で混濁した状態、母親の世話による一種の万能感(泣けば何でも解決)

1)幼児(自然哲学)泣いてもどうもならん事柄に出会い、自分と外部環境(世界)が別な存在であることを徐々に認識し、世界への素朴な好奇心が目覚める

2)思春期(ソクラテス)自己洞察が始まり、自意識と悩みが深まる

3)成人(ソクラテス以後)自己洞察と世界観の統合(失敗する人もいる)

というアナロジーは非常に分かりやすい

つまり、ソクラテスは人類の思春期に登場した、極めて特異な哲学者だったという位置づけ

いささか単純化し過ぎではないかとの批判に対しては、この本がもともと4時間の社会人向けセミナーであると言い訳している

(^_^;)

 


映画 ポンペイ

32インチで見たが、噴火シーンのCGはなかなかの迫力で、3D映画館で見れば足が震えるほどかも

この世界史的な大天災を背景に、ポンペイのエエトコのお嬢と剣闘士奴隷がラブストーリーを展開する

歴史的事実や科学的真実より、娯楽を優先した映画です(映画はそれでいいんだけどね)

(^_^;)