水曜日, 15 of 7月 of 2020

Category » 32【健康管理】

感染数と死者数

837875846

▲感染数

3855932

▲死者数

8354531962

▲検査数

 

8748679衆院予算委員会は7/15、中国コロナウイルス感染症対策などに関する閉会中審査を実施した。

中国コロナ感染症対策分科会会長の尾身茂(→)は、現在の東京都などの新規感染者数の増加について、緊急事態宣言を発令した4月の状況とは異なるとの認識を示した。

尾身茂は

「(宣言前と)単純に比較できない」

と述べ、現在は重症化している人が少なく、医療提供体制も改善していることや、検査対象を無症状者らに広げていることを指摘。

「感染の広がりを示すカーブを見ると、

 緊急事態宣言の出た4月のカーブの立ち上がりは急峻だった。

 今回は穏やかな増加だ」

と述べた。

 


 

▼死者数の国際比較

人口100万人あたりの死者数(対数目盛

8646

 

いまは感染数なんかより、「人口比の死者数の推移」が決定的に重要です!

感染数の推移は、「死者数の不完全な先行指標」としてのみ意味を持ちます

感染数はその国の検査政策に左右されるので、感染数の国際比較は、大した意味がありません

上のグラフの縦軸は対数目盛なので、傾きが増加率を表します

グラフが横に寝たら、とりあえず収束です

横に寝たところの高さが、今回の悲惨さの水準です

対数目盛ですから、高さが少し違うだけで、天国と地獄ほども違ってきます

欧州主要国(英仏など)は、ほぼイタリアと似たようなもので、すでに悲惨な水準(地獄)ですが、グラフが寝ているので、ほぼ終息しつつあります

OBJET-032602

アメリカもかなり悲惨で、すでに13万人以上(ベトナム戦争よりはるかに多い!)が亡くなり、しかも外出禁止のイライラで暴動まで起きてる

地球上の人類の自由と平和と繁栄は、今のところアメリカの軍事力に依存している状態(パクス・アメリカーナ)なので、非常に心配です

ブラジルはまだグラフが寝ていない(毎日1000人以上が亡くなっている)ので、これからどこまで死者が増えるか、予断を許しません

ブラジル大統領ボルソナーロ(←)は、中国コロナへの対策をほとんどせず、「人間はいずれ死ぬもんだ」などと言っていますが、スゴイ国があったもんです

彼自身も中国コロナに感染しましたが、まったく平気のようです(憎まれっ子、世にはばかる)

欧州、米国、ブラジルに比べると、日本は2ケタ、タイ王国と台湾は3ケタ低い

中国コロナ対応で、タイ王国と台湾は世界一成功しました

o0738073814751202208

中国は真っ赤なウソ数字しか公表してないので、除きました

ウイルスを世界にバラまいた犯人の中国が、WHO(世界保健機関)で大きな顔をしてのさばり、対策に成功した台湾が、WHOに参加できない困った状態です

アメリカはWHO脱退を決めましたが、今のようなWHOなら、無い方がマシです

中国は地球上で56万人以上を死亡させ、香港の自由を求める人々を暴力で弾圧し、人類の自由と平和と繁栄を、根底から破壊しようとしています

日本は高さ10人程度(日本全体で1250人程度)に収まりそうです

これは毎年のインフルエンザによる死者数よりずっと低いので、中国コロナへの対応に、ほぼ成功したと言えるでしょう

(^_^;)

 


読書 ユダヤ人は本当に「悪者」なのか?

歴史のユダヤ人、風説のユダヤ人_ ユダヤ人は本当に「悪者」だったのか?_01

「1890年1⽉25⽇、ユダヤ学研究協会の年次総会における講演」と副題されてます

今から130年前、場所はフランス

著者(ユダヤ学者)が、ユダヤ人聴衆に向かって、ユダヤ人に対する偏見や作り話を列挙し、反論しています

ことさら目新しい話はないのですが、異端裁判(異端審問)がようやく終了し、とりあえず生きたまま火あぶりにされる危険が遠のいたばかりのヨーロッパのユダヤ人社会の雰囲気が伝わってきます

この半世紀後には、ナチスドイツによるユダヤ人狩りが始まり、異端裁判とは比較にならない数のユダヤ人が虐殺されます

今また世界は、中国コロナや不景気による社会不安が巻き起こっています

キリスト教徒が不安とイライラに駆られると、極端な宗教的不寛容が復活し、他宗教や多民族に対する攻撃性が高まり、悲劇が繰り返されるかもしれません

欧米では、アジア系に対する暴力事件も多発していますから、日本人が攻撃のターゲットになる可能性も排除できません

((((;゚д゚))))

 


安達祐実さん

adachi-001

28387

 

 何をしても絵になる

  天性の女優でしょうかね

 SNSでも毅然としていて

  なかなかカッコイイ  (^_^;)

 

女優の安達祐実さんが7月11日にInstagramを更新。

一部ユーザーから寄せられた、加齢を指摘する悪趣味なコメントに、“スマートな対応”を見せており、ネット上では

「大人な対応してて天使!」

「これだから安達祐実好き!」

など大きな話題になっています。

安達さんはこの日、

「あれ? 携帯にピント合っちゃってるなぁ。

 鏡で撮るの難しい。

 見せたいのネックレスなんだけど」

と図らずも手元にピントが合った鏡越しの自撮りショットを公開。

adachi-003

ファンからは、

「何しても可愛い!」

「はぁ…好き!」

などおちゃめな姿に反響が寄せられる一方、一部ユーザーからは

「顔は化粧で隠せるけど、手のシワは、なかなか隠せない!」

と著しくデリカシーに欠けたコメントが書き込まれました。

普段からファンのコメントに対してフランクに返信している安達さんは、同ユーザーにも

「そうですよね でも、

 年齢を重ねていくことを、隠す必要はないと思います」

と丁寧な言葉遣いで返信。

下手に怒りをにじませたり相手をとがめたりすることもなく、自身の考えをスマートに伝えています。

皮肉の1つでも言いたくなるところなのに女神か……。

この大人の余裕を感じさせる対応はネット上で大きな話題に。

SNSでは、

「こんな人たちにも丁寧に返信してるのすごいなぁ」

「歳を重ねることを隠す必要はない…祐実ちゃんの返信に胸熱!」

「対応が神」

「女神すぎる!」

「こういう大人の余裕というか、対応できる人かっこええ」

など安達さんの対応を絶賛する声が多くあがっています。

adachi-002

 


フロリダで感染拡大

mask_animal_neko

 

 マスクをしてない人を攻撃する「正義の人」

  マスクを強制するなと「抗議する人」

 この2つのグループを広場に集めて

  好きなだけ戦わせたら 面白いかもね  (^_^;)

 

 

人口100万人あたりの死者数(対数目盛

8646

 

いまは感染数なんかより、「人口比の死者数の推移」が決定的に重要です!

感染数の推移は、「死者数の不完全な先行指標」としてのみ意味を持ちます

感染数はその国の検査政策に左右されるので、感染数の国際比較は、大した意味がありません

上のグラフの縦軸は対数目盛なので、傾きが増加率を表します

グラフが横に寝たら、とりあえず収束です

横に寝たところの高さが、今回の悲惨さの水準です

対数目盛ですから、高さが少し違うだけで、天国と地獄ほども違ってきます

欧州主要国(英仏など)は、ほぼイタリアと似たようなもので、すでに悲惨な水準(地獄)ですが、グラフが寝ているので、ほぼ終息しつつあります

OBJET-032602

アメリカもかなり悲惨で、すでに13万人以上(ベトナム戦争よりはるかに多い!)が亡くなり、しかも外出禁止のイライラで暴動まで起きてる

地球上の人類の自由と平和と繁栄は、今のところアメリカの軍事力に依存している状態(パクス・アメリカーナ)なので、非常に心配です

ブラジルはまだグラフが寝ていない(毎日1000人以上が亡くなっている)ので、これからどこまで死者が増えるか、予断を許しません

ブラジル大統領ボルソナーロ(←)は、中国コロナへの対策をほとんどせず、「人間はいずれ死ぬもんだ」などと言っていますが、スゴイ国があったもんです

彼自身も中国コロナに感染しましたが、まったく平気のようです(憎まれっ子、世にはばかる)

欧州、米国、ブラジルに比べると、日本は2ケタ、タイ王国と台湾は3ケタ低い

中国コロナ対応で、タイ王国と台湾は世界一成功しました

o0738073814751202208

中国は真っ赤なウソ数字しか公表してないので、除きました

ウイルスを世界にバラまいた犯人の中国が、WHO(世界保健機関)で大きな顔をしてのさばり、対策に成功した台湾が、WHOに参加できない困った状態です

アメリカはWHO脱退を決めましたが、今のようなWHOなら、無い方がマシです

中国は地球上で56万人以上を死亡させ、香港の自由を求める人々を暴力で弾圧し、人類の自由と平和と繁栄を、根底から破壊しようとしています

日本は高さ10人程度(日本全体で1250人程度)に収まりそうです

これは毎年のインフルエンザによる死者数よりずっと低いので、中国コロナへの対応に、ほぼ成功したと言えるでしょう

(^_^;)

 


読書 魔女とカルトのドイツ史

41WS0WYEEDL._SX286_BO1,204,203,200_

イタリアでルネサンスの文化が花開いていたころ、多少のズレはあるが、ドイツ(神聖ローマ帝国)では、宗教改革と魔女狩りが「花盛り」であった

生真面目で律儀、仕事は正確なんだけど、なんとなく余裕がなく、陰鬱で、不機嫌そう、というようなマイナスイメージも付きまとう

そして20世紀、ヒトラーが先頭に立って、派手にやらかしてくれた

とにかく、ドイツ人は何かが違う!

日本も一時は組んだし、明治の日本はお手本にしたこともあるけど、この何かが違う感じは何だろう?

これをドイツにおけるカルト集団の歴史の中で解き明かしている

ひと言で言えば、カルトにハマり易い国民性、民族性

その背景には、合理的な表層文化の裏に潜む、非合理主義の基層文化、ドロドロしたデモーニッシュな心理、キリスト教文化に抑圧されたゲルマン精神

社会が大変動して、ドイツ人が強いイライラに陥ると、これらがまた噴き出してくるかもしれないよ

((((;゚д゚))))

 


読書 魔女狩り

森島 魔女狩り _01

魔女狩りについては、すでに何冊か読んできたが、本書が最もバランスよく整理してまとまられているように感じた

何度読んでも、吐き気のするような残忍さと偽善性である

魔女狩りの残忍さは、何に由来するのか?

一つの仮説だが、人種や民族のような人間集団の残忍さは、過去数千年にわたる生存環境の過酷さに比例するように思われる

荒地や砂漠、寒冷地といった厳しい生存環境、そして食糧や土地をめぐる他民族との抗争という過酷な環境で生き抜いて来た民がいた

彼らは常に

 味方と敵(神と悪魔=善と悪=光と闇)

という二元論的思考を持ちやすく、やがて一神教の信仰を持つに至った

生存環境が、二元論的傾向をもたらし、一神教を生み出した

そして一神教の民は、自分を神の側(正義)だと確信した時に、悪魔(敵、異端、魔女)に対して、悪魔さながらの徹底的な残忍さと偽善性を発揮する

まさに、神と悪魔は紙一重となる

神の存在を確信した「正義の人」は、喜び勇んで、徹底的に悪を行う(パスカル)

いま香港に「国家安全維持法」を統括する、中国共産党の幹部が派遣された

彼は共産主義イデオロギーを確信し、自由を求める人々を魔女と決めつけ、厳しい魔女狩りを開始して、「正義の人」になろうとしている

((((;゚д゚))))

 

p06kv3rv

 


中国コロナ 終息せず

660_bit202003031151240734-1-1

sick_world_pandemic

 

 感染の中心がヨーロッパから

  アメリカ大陸に移った感じです

 アメリカブラジルでは 毎日千人死亡!

  日本も安心できません  ((((;゚д゚))))

 

順位.国名:総感染者数(昨日の感染者増)昨日の死者数

1. 米国:3,281,063人(+67,234) +960 **
2. ブラジル:1,800,827人(+45,048) +1,199 **
3. インド:822,570人(+27,715) +479 **
4. ロシア:713,936人(+6,509) +176 **
5. ペルー:319,646人(+3,198) +181 **
6. チリ:309,274人(+3,058) +109 **
7. スペイン:300,988人(+852) +5
8. 英国:288,133人(+512) +85 *
9. メキシコ:282,283人(+7,280) +782 **
10. イラン:252,720人(+2,262) +221 **
…………………

56. 日本:21,193人(+432) +1

100. タイ:3,202人(+0) +0 ↓

156. 台湾:451人(+2) +0 ↓

159. ベトナム:369人(+0) +0

 


深きょん

unnamed

 

 アラフォーなんだけど

 「老けない女」どころか

 「だんだんキレイになってる女」かも~

 (^_^;)

 

 


長寿ネコ

l_miya_2007neko22yo13

animal_chara_computer_neko

 

 しゃべれないだけで

  たぶんもう人の言葉は

 かなり理解してるでしょうね  (^_^;)

 

今年で22歳になった長生き猫さまのお姿が

「貫禄がすごい」

「そろそろしゃべり出しそう」

と人気を集めています。

幼い子猫時代との比較写真にしみじみ。

猫種にもよりますが、22歳は人間の年齢に換算するとだいたい100歳超え

そんな長寿猫さまですが、白い毛並みは美しくモフモフ。

main

そこに静かに目を閉じた、ドラゴンボールの「カリン様」(→)のような雰囲気が合わさり、威厳に充ち満ちた仙人(仙猫)さまを捉えたような写真になっています。

しゃべり出しても違和感なさそう……!

また、お家にやってきた頃とのビフォーアフター写真が公開されており、子猫時代の面影が残る現在のお姿にいとおしさを感じます。

そして飼い主さんになでられた幸せそうな表情に、これまでの日々を想像して胸が温かくなります。

凛々(りり)しいお目々がまたステキ。

飼い主は、イラストレーターでアニメーターのtarou2(岩崎将大/@tarou2)さん。

猫さまの名前は「あめ」さんで、当時、雨の日に母猫に置き去りにされていたところを保護したそうです。

今から約20年前の保護時の写真(↓)を見ると、体がとても小さいのが分かります。

飼い主さんに大切にされているのが分かる22歳になったあめさんには

「これだけ長生きするねこさんがいるとわかって希望が湧きました」

「猫飼いの希望!」

といった声が寄せられ、18万いいねが集まる人気に。

 

l_miya_2007neko22yo02

 


中国ペスト発生

20200706-00263713-wow-000-3-view

hqdefault

 

 中国コロナの次は 中国ペスト

  しかも致死率50%以上!

 中国という国そのものが

  地球のガン細胞です  ((((;゚д゚))))

 

中国北部の内モンゴル自治区で、中国ペスト患者が発生したと中国国営中央テレビ(CCTV)が7/6に報道した。

CCTVが内モンゴル自治区バヤンノール市保健当局の話として報道した内容によると、バヤンノール市で牧畜民1人が7/5に「腺ペスト」の陽性判定を受けた。

この患者は発病する前に腺ペスト頻発地域で活動していたという。

現在この中国ペスト患者は、バヤンノール市内の病院で隔離治療を受けている。

shinigami

関連報道を総合すると、地域当局は7/5から早期警報4段階のうち2段階目の「比較的深刻」(レベル3)の中国ペスト警報を出した状態で、これは2020年末まで維持される可能性がある。

中国ペスト警報が維持される間に伝染病を媒介する恐れのある動物を許可なく狩猟したり食べたりすることと、域外に持ち出すことが禁止される。

中国ペスト発生風土地域である内モンゴル地域では、昨年11月にも4件の中国ペスト患者が報告されている。

当時内モンゴルと中国ペスト患者が移送され治療を受けた北京では、大々的なネズミ撲滅に出た。

中国ペストは急性熱性感染症で、リンパ節型、敗血症型、肺炎型の3種類に分類される。

潜伏期と症状など特性は少しずつ異なるが、いずれの中国ペストも毒性が強く、致命的な疾患だ。

中国ペストに感染したネズミやウサギなど哺乳類の体液と接触したり、ノミにかまれて発生する。

飛沫を通じた人から人への中国ペスト感染も可能だ。

治療をまともに受けられない場合には、致死率50%以上とされている。

これに先立ち中国疾病予防管理センター(CDC)所属研究陣は、先月パンデミックの可能性がある豚インフルエンザのウイルスが発見されたという研究結果を発表している。