火曜日, 2 of 6月 of 2020

Category » 芸能界・マスコミ

奇妙な成功

clm2005250003-p1

▲安倍首相の中国コロナ緊急事態解除宣言

180516freeronpa

 

 自分たちがうまくいくと「当然の結果」

  日本がうまくいくと「奇妙な成功

 これを専門用語で

  「上から目線」といいます  (^_^;)

 

中国コロナウイルスの感染対策で日本は、2月のクルーズ船の隔離停泊以来、

NYTやワシントンポストなどの米国メディアから

激しい日本批判(まさに誹謗中傷、罵詈雑言!)

にさらされてきたが、最近、認識が改められつつある。

数字は雄弁で、日本の感染死亡率(総人口に対する中国コロナ死者数)が突出して低いからだ。

日本の中国コロナ対応に、激しい批判(まさに誹謗中傷、罵詈雑言!)を浴びせてきた米外交誌は、これを今になって「奇妙な成功」と評している。

「権威ある」とされている米外交誌フォーリン・ポリシー(FP)電子版は5/14

「日本の奇妙な成功 生半可なコロナウイルス対策が何であれ、功を奏している」

という見出しの論評を掲載した。

「コロナウイルスとの闘いで、日本はすべて間違ったことをしてきたように思えた。

 ウイルス検査を受けたのは人口の0・185%にすぎず、

 ソーシャルディスタンス(社会的距離)の取り方も中途半端だ。

 国民の大多数も、政府の対応に批判的である。

 しかし死亡率は世界最低(水準)で、

 医療崩壊も起こさずに、感染者数は減少している。

 不可解だが、すべてが正しい方向に進んでいるように見えてしまう」

FPが日本の「成功」の論拠としているのは、総人口に対する死者の少なさだ。

感染者数は、検査数が少ないのであてにならないが、死者数は最も確かな「指標」になる。

5/14時点での人口100万人当たりの死者数は、

日本が5人、米国が258人、スペインが584人

欧州での成功例として挙げられているドイツですら94人

日本の少なさは「ほとんど奇跡的」と評した。

香港メディアは、日本人の規範意識の高さが導いた結果であると分析した。

しかし、まだ気を緩める時ではない。

ウイルスとの闘いでの完全勝利は、まだ先だ。

 


中国の女優ファンビンビン

O4Rr5t2

eiga_joyuu

 

 中国共産党ににらまれて

  一時姿を隠していましたけど

 相変わらずお美しい

  現代の楊貴妃でしょうかね  (^_^;)

 

 


近江友里恵アナ 結婚していた

OBJET-042901

cheerleader_stunts

NHK『あさイチ』でMCを務める近江友里恵アナ(31)が結婚していたという。

しかもお相手の同僚プロデューサーは15歳も年上というから、なおびっくり。

最近は番組内で早稲田大学の応援部に在籍していたと告白して驚かせただけに、さらに注目されそうだ。

“朝の顔”の結婚を報じた「週刊新潮」のニュースサイト「デイリー新潮」によると、相手の男性は15歳年上のプロデューサー職で現在は仙台放送局に勤務。

近江アナとは福岡放送局で出会い、交際が始まったという。

その後、2人とも東京勤務となったが交際は続き、結婚も意識するように。

しかし年齢差もあり周囲の賛同を得られないなか、男性が仙台勤務となったため、結婚に踏み切ったという。

男性は、デイリー新潮の直撃に昨年5月に籍を入れたと話している。

近江アナは早稲田大学政経学部を卒業し、2012年に入局。

熊本、福岡を経て東京勤務に。

20200427-00000025-dal-000-7-view

桑子真帆アナ(33)の後任で『ブラタモリ』のアシスタントを務めたことで注目された。

18年にはNHKを退職した有働由美子アナ(51)の後任として『あさイチ』のMCに抜擢された。

最近では連続テレビ小説『エール』で早稲田大の応援歌『紺碧の空』をめぐるエピソードを受けて、番組内で大学で応援部に入ったことを告白。

一時期とはいえ、チアリーダーズに在籍したことを明かし、番組公式ツイッターでも「ゴー!ファイト!ウィン!」とエールを送る姿を披露し、ネットをざわつかせた。

20日の放送では、結婚に触れることはなかったが、冒頭から華丸・大吉と再び応援部の話で盛り上がり、満面の笑顔を見せた。


地裁「押し紙」認定

20141109-00040601-roupeiro-000-2-view▲誰も読まずに廃棄される「押し紙」は、地球資源の無駄づかい!

job_shinbunhaitatsu

 

一般企業が独禁法に違反すると、上から目線で激しく非難する新聞社ですが、自分のところはもっとひどい商売をしています

読者に届いていない(誰も読んでいない)新聞の部数を上乗せ公表し、それに基づいて広告代金を計算して請求しているのですから、広告主からすれば悪質なサギ犯罪です

今回はたまたま地方紙(佐賀新聞)でしたが、

「押し紙と言えば朝日新聞

と言われるくらい、朝日新聞の押し紙は業界でも有名です

少々下品な表現ですが

「アカが書き、ヤクザが売って、バカが読む」

などと言われているだけのことはあります

それでなくても、紙の新聞の実売部数は激減していますから、この判決が確定したら、新聞社の経営の屋台骨を揺るがすことになるかもしれません  (^_^;)

 


 

5月15日、注目していた地裁判決が言い渡されました。

新聞業界のタブーに切り込んだ歴史的な判決です。

【押し紙】とは新聞社の販売部数水増し問題です。

新聞社の広告料金や折込料金は実際に何人に読まれるかによって変動することから、販売部数を偽ることは問題となります。

今回の判決の重要な点は、司法が「原告販売店の予備紙率は2%であったと認められる」つまり予備紙は実配部数の2%程度であると初めて認定した点です。

予備紙率2%を越える部数については「被告(佐賀新聞)の原告(販売店)に対する新聞の供給行為には、独禁法違反(押し紙)があったと認められる」とはっきり結論を下しました。

そして、その【押し紙】について、

「被告(佐賀新聞)の行為は、原告を含む販売店の経済的利益を犠牲にして、自身の売り上げを増加させるとともに、ABCの部数を増加させることによって広告収入を増加させることを意図したものと認められる。これは社会通念上許されない行為であり、原告の権利を侵害するものであるから、不法行為に該当する。」

と断定しています。

※「一般社団法人 日本ABC協会」発行社の自称ではない、第三者としてデータを監査し、信頼出来る販売部数を認定する団体。このABC部数が広告料金等の基準となる。

例えば、販売店の仕入部数=注文部数+20%だったとします。

20%から予備紙2%を引いた18%分は「年間販売目標」つまりノルマとして、販売店は引き受けることを強要され、残紙として毎日廃棄してきた【押し紙】になるのです。

新聞社は20%分も含めて販売部数として公表し、広告料金収入を不当に得ていた事になります。

佐賀新聞は控訴するとのことで、まだ最終決着には至りません。

しかし、今回の判決によって、地方紙とはいえ【押し紙】が表面化したことで、日々の残紙に苦しんでいる新聞販売店や、不当な広告料金・折込料金を払わされてきた広告主が声を上げるきっかけになると思います。

全国紙を含めた全ての新聞社が正しい販売部数を公表する日も近いのではないでしょうか。

 


 

佐賀県の新聞販売店の元店主が、購読者の数を大幅に超える部数の買い取りを求められる、いわゆる「押し紙」によって廃業したとして佐賀新聞社を訴えた裁判。

裁判所は「押し紙」を認め、新聞社に1000万円余りの支払いを命じる判決を言い渡しました。

佐賀県吉野ヶ里町で新聞販売店を営んでいた男性は、購読者数を大幅に超える部数の買い取りを求められる「押し紙」によって廃業に追い込まれたとして、佐賀新聞社に1億円余りの賠償を求めていました。

裁判で佐賀新聞社は「合意のうえで販売目標を設定していて、部数を減らす具体的な申し出もなかった」などと主張していました。

15日の判決で、佐賀地方裁判所の達野ゆき裁判長は

「独占禁止法に違反し、購読料を得られない数百部を仕入れさせた」

として「押し紙」にあたると指摘し、佐賀新聞社に1000万円余りの賠償を命じました。

一方、男性が販売店を引き継いだ際にすでに負債があったとして、廃業についての佐賀新聞社の責任は認めませんでした。

男性の弁護士によりますと、裁判所が「押し紙」を認めるのは珍しいということで、男性は

「主張が認められてうれしい。

 苦しんでいる販売店はほかにもたくさんいるので、

 希望になれたと思う」

と話していました。

佐賀新聞社は「判決には事実誤認があり、一部とはいえ賠償が認められたのは非常に遺憾で容認できない。判決を精査したうえで控訴する」とコメントしています。

 

 


芸能人を利用した法案抗議事件

i=httpss.eximg.jpexnewsfeedTabloTablo_tablo_14447_010e_1

200px-Bundesarchiv_Bild_102-17049,_Joseph_Goebbels_spricht

▲小泉今日子

 

 大衆洗脳の天才

  ナチスの宣伝大臣をつとめた

 パウル・ヨーゼフ・ゲッベルスの手法と

  似てますね  ((((;゚д゚))))

 

 

20191220-00217024-the_tv-000-1-view

元HKT48のメンバーでタレントの、指原莉乃が、フジテレビの情報番組「ワイドナショー」に出演。

最近話題の、芸能人による検察庁法案抗議事件について、背後で行われていた芸能人洗脳&世論誘導工作を、ズバリと暴露しました。

指原莉乃は

「ツイッターで拡散されて、本当にそれを信じていいの?

 双方の意見をちゃんと聞かず、偏った意見だけを信じて(洗脳されて)、

   『え~っ? そうなの~? すぐ広めなきゃ~!』

 ってなった芸能人が多かったように感じています」

と話しました。

また、東野幸治に、

「ツイッターで、ハッシュタグお願いしますって、来てるんですか?」

と質問されると、指原莉乃は

「来てました!(きっぱり)」

と答えた。

つまり検察庁法案に抗議して欲しいという闇の勢力からの依頼が、多くの芸能人に来ていたことが、明確になりました。

2000073408

歌手の「きゃりーぱみゅぱみゅ」も、これに便乗して(洗脳されて)ツイートを行うも、その後あわてて削除するという醜態も話題となりました。

ネットでは「薄々わかっていた」と冷静に分析する人も多いようです。

政治や経済について詳しく知らない芸能人を利用し(洗脳し)、さも自分の意見であるかのようにツイートさせるというのは、恐ろしいことです。

ishi_keru_boy

 

 たまたま転がっていた意見を

  信じ込んだ(洗脳された)人は

 これこそ私の意見だ!

  と強く主張します  ((((;゚д゚))))

 


室井佑月と米山隆一が、結婚~?

fgisojfosjfosj-side

01_02

 

 日本は 中国や北朝鮮とは違って

  自由主義の国でありますから

 両性の同意があるのなら

  好きにしていただければ と思いますけど

 もの好きな人って いるんだねぇ~  (^_^;)

 

室井佑月(50)が、前新潟県知事の米山隆一(52)と近日中に結婚することが9日、分かった。

昨年末から交際していた。

室井佑月は再婚となる。

2人は共通の知人を通じて知り合い、昨年末から交際に発展した。

知人は

「米山隆一が猛アプローチして、室井佑月もそれに応えたそうです」

と明らかにした。

2人は既に周囲に結婚を報告している。

米山隆一は東大卒で弁護士資格と医師免許を持つ。

16年に新潟県知事に初当選し、18年に辞職している。

現在は医師、政治家としての視点から新型コロナウイルスに関してさまざまな発信をしている。

室井佑月は昨年8月に乳がんの手術を受けた。

関係者は「再発の不安を抱えながらの生活の中で、米山隆一から熱烈なプロポーズを受けた。大きな心のよりどころになっているようです」と明らかにした。

 


北川景子 妊娠

ninshin_couple

 

 中国コロナによる外出自粛で

  出生率が上昇する

 との予測もあります  (^_^;)

 

DAIGO(42才)と北川景子(33才)が、待望の第一子を授かったことがわかった。

i=httpss.eximg.jpexnewsfeedTokyoSportsTokyoSports_1096261_8eda_1

ふたりが結婚したのは、いまから約4年前の2016年1月のこと。

結婚会見でDAIGOは「子供は3人はほしい」と語っていたが、売れっ子のふたりゆえ、仕事との調整は簡単ではなかった。

「とにかく北川さんに舞い込む仕事の量が多かったですからね。

 でも、そう言い続けていても仕方がないので、

 昨年から妊活を始めていたと聞いています。

 実際、昨冬あたりからドラマや映画の現場をぐっと減らし、

 メディア露出も減っていました。

 来年公開予定の主演映画が控えていますが、すでに撮影済みで、

 今年は新たなドラマ出演もない。

 そうした中で、念願叶って妊娠されたようです」(芸能関係者)

 


テレビの劣化

ame2-880x588

nagara_smartphone_tv_okashi_woman

 

 知性の高い人は主にネットから情報を取るようになり

  テレビ視聴者の平均的な知性が低下しているので

 番組もそれに合わせて劣化しているのでしょう  (^_^;)

 

中国コロナウイルス問題の報道で、テレビが大きな影響力を及ぼしている。

テレビには、中国コロナウイルス問題に関して、実に大量の情報が流されている。

ワイドショーには、無責任なタレント・コメンテーターが出演して勝手な感想をしゃべっている。

彼らは主に、自分の発言がウケるか(笑いを取れるか)という観点から発言している。

少なくとも中国コロナウイルスに関するテレビ報道においては

医学や防疫の専門家でもないタレント・コメンテーターは有害無益である。

ワイドショーは言わずもがな、純粋のニュース番組においても問題があると思う。

それはニュースの報道に、しきりに演出の傾向が見られるようになってきたからである。

用意された原稿を読み上げて事実関係を伝えるニュースを「ストレートニュース」というが、以前はすべてこのスタイルだったと記憶する。

それがいつしかニュースに過剰な演出が施されるようになった。

テレビであるから、映像に関しても問題はあるのだが、この際、私が注目したいのは映像の部分より、音声の部分である。それには2つの種類がある。

1つは、人間の言葉による説明で、アナウンサー以外の、「ナレーター」を多用するるようになった。

しかもその調子が、ウケよう、盛り上げようとするためか、極めて情緒的、感情的である。

つまり不必要にオーバーな表現になっている。

もう1つは背景音楽、つまりバックグラウンドミュージックである。

暗いニュースの場合には、不安感をあおるような不気味な音楽が使用される。

以上のようなテレビの劣化が、いっそう顕著に表れたのが、今回の中国コロナウイルスの報道である。

そもそも、深刻な問題であればあるほど、冷静に淡々と報道しなければならない。

過剰な演出が加わると、それはドラマチックになって、かえってリアリティーが失われてしまい、本来持つべき警戒心も損なわれてしまう。

テレビのスタジオは、集まる、近寄る、閉鎖空間の、いわゆる集近閉(しゅうきんぺい)の典型的空間であったが、3月末ごろから急に離れて座るようになった。

つまり、それ以前は中国コロナ対策に本気で取り組んでいなかった証拠である。

中国コロナウイルス問題が、当初よりかなり長期化せざるを得ないと予想される現在、テレビメディアには、演出を排した、一層冷静な報道姿勢が求められる。

 


カワイイ38歳

20200415-00010000-musicv-000-2-view

女優の安達祐実(38)が、23日発売の女性ファッション誌『CanCam』6月号(小学館)の表紙モデルに起用された。

“奇跡の38歳”が、1982年に創刊された同誌史上最年長カバーモデルとなった。

2歳で芸能界入りし、今年デビュー36周年を迎える安達は、2児の母でもあるがその美貌やかわいらしさは変わらぬまま。

0954b140b41c973fe46f4c88777947d7

インスタグラムのフォロワー数は76万人を超え、写真がアップされるたびに「かわいい!」の大合唱が起き、昨年9月に美容誌のYouTubeオフィシャルアカウントで「セルフメイク動画」が公開されるや、再生回数は530万回を突破した。

20代女子の間で“奇跡の38歳”と大人気になっている勢いのまま、『CanCam』カバーにも登場。

6ページの特集「“かわいい”が続く、美の秘密」では、安達の変わらない美しさの秘密に迫り、スキンケア、メイク、ボディケア、インナーケアなど、CanCam世代も気になるアンチエイジング術を公開。

動画で話題になったメイクについては、

「流行のメイクをするのではなく、

 “自分の人間性を出す”っていうのがセルフメイクのテーマ。

 パッと見て、『この人ってこういう人なのか な』

 って伝わるようなメイクを意識しています」

とこだわりのマイルールや、日頃使用するお気に入りコスメを紹介する。

OEnPCWV7_1584333841

実は

「美容に関してちゃんとしなきゃという意識が目覚めたのはつい最近のこと」

と明かし、

「子供の頃からお仕事をしていて、昔から童顔だと言われていたこともあり、

 “どうせ自分の顔なんてダメだ”、

 “私なんて美容に興味を持つなんておこがましい”

 と、長い間思いこんでいました」

とエピソードも披露。

年を重ねるうちに、美容の取材が増えてきて、意識が少しずつ変わっていったことを振り返る。

特集では日ごろの肌やボディのケアについても語り、一番大切にしていることは「穏やかでいること」と言う。

「私は、内面的な変化が肌にも影響しやすいようで、

 精神的に何かを感じるとすぐに荒れちゃうのです。

 だから、気持ちを穏やかに保つことは

 唯一ずっと意識していることかもしれません」

OBJET-001同号にはそのほか、AAAの宇野実彩子(33)や、元モーニング娘。の道重さゆみ(30)など、アンチエイジングの達人たちが登場。

ずっと変わらぬ美しさとかわいらしさの秘密を大公開する。

読めば、きっと自分に合ったアンチエイジングが見つかり、いつまでもカワイイが続くはず。


番組崩壊 報道ステーション

OBJET-001

テレビ朝日(デマ朝)の報道番組「報道ステーション」で、メインキャスターの富川悠太アナウンサーが中国コロナウイルスに感染した問題。

富川悠太アナの他にも体調不良を訴えている「報道ステーション」スタッフがいることが13日、関係者への取材でわかった。

「報道ステーション」では全スタッフを自宅待機させ、他番組のスタッフを緊急招集して、何とか「報道ステーション」を継続放送しようとしているが、番組崩壊に瀕している。

関係者によると、体調不良を訴えているのは「報道ステーション」のチーフディレクターの男

この男の妻であるフリーアナウンサー赤江珠緒が同日、パーソナリティーを務めるTBSラジオの「たまむすび」に電話出演し、

「夫の職場で中国コロナ陽性が出て、こりゃ大変だって話してたら、夫も体調を崩した。

 夜になると8度5分ぐらいになって、味も(味覚がおかしい)って言い出した。

 肺のCT検査をして、軽い肺炎の症状があるので、(PCR)検査になった」

と話した。