火曜日, 11 of 8月 of 2020

Category » アニメ・コミック

読書 ジャンヌ

51mRQ3QPibL

 

ジャンヌダルク死後の百年戦争を舞台とするマンガ作品

全ページカラーで、作者安彦良和(やすひこよしかず)の芸術的な画風が素晴らしい

一人の少女が男装して、ジャンヌの生まれ変わりのように、数奇な運命をたどる

勝利王シャルル7世は臆病で小心な人物として、その息子ルイ11世は悪役ながら魅力的な人物として描かれている

フランスの国土は戦乱で荒廃するが、群雄割拠していた封建諸侯は没落し、国王を中心とする中央集権フランス国家が成立していく

(^_^;)

 

2627

 

04

▲パリ市内のジャンヌダルク像

 

28719718

 


自宅で大学生

l_ik1609511_daigaku001_w590

study_man_normal

 

どこの大学か知りませんけど、学費はしっかり取ってオンライン授業だけというのはヒドイですね

知識を得るだけなら、本やネットがあれば済む訳で、大学に通うのはもっと別な意義があるはずです

自粛のやりすぎで、経済や社会が崩壊しつつあるのは、悲しいなぁ

(T_T)

詳細はここをクリック

 


保護ネコを引き取る話

l_kh_2006sirasu68

building_petshop

 

 「ネコを飼う」というと ペットショップで

 「ネコを買う」場合が多いですが

 保護ネコを引き取るという方法もあります

  これはその体験マンガ  (^_^;)

 

938315581

詳細はここをクリック

 


老けない男

OBJ265ET-001

unnamed

 

老けやすい白人さんから見ると

 超ビックリ! みたいです

まあ若いと言えば若いけど

 驚くほど若いかなぁ?  (^_^;)

 

世界的な人気を誇る作品「ジョジョの奇妙な冒険」などで知られる、漫画家の荒木飛呂彦さんが7日、60歳の誕生日を迎えました。

海外のサイトやツイッターなどのSNS上では、そのことをお祝いするメッセージが寄せられているのですが、祝福の声と共に多くの外国人が言及しているのが、日本でも度々話題になる、その見た目の若々しさ。

ご本人は過去にインタビューで、

「着実に老化はしていて、週刊連載がきつくなったから月刊に移った」

と語っていますが、体力維持のため、50歳を過ぎてからも、水泳やジムでのトレーニングは欠かしていないそうです。

関連記事には、過去の写真をまとめた画像も投稿され、全く変わらない外見に驚きの声などが殺到しています。

その一部をご紹介しますので、ごらんください。

 

つづきはここをクリック »


訃報 ジョージ秋山

81fke9ZUPoL._AC_SY445_

浮浪雲(はぐれぐも)」「銭ゲバ」「アシュラ」などで知られる漫画家のジョージ秋山(じょーじ・あきやま、本名・秋山勇二=あきやま・ゆうじ)さんが5月12日に死去していたことがわかった。

77歳だった。

死因は公表していない。告別式は近親者で済ませた。

東京都生まれ。栃木県足利市育ち。漫画家の森田拳次さんのアシスタントを経て、1966年「ガイコツくん」でデビュー。

ほのぼのギャグ漫画「パットマンX」を経て、70年から週刊少年サンデーで「銭ゲバ」、週刊少年マガジンで「アシュラ」と、悪をテーマにした問題作を発表した。

過激な描写が議論を呼び、高度成長期の世相に衝撃を与えた。

73年からは青年漫画誌「ビッグコミックオリジナル」で自然体で生きる幕末の男を描く「浮浪雲」を始め、同作は2017年まで44年続く長期連載となった。

「パットマンX」で講談社児童まんが賞、「浮浪雲」で小学館漫画賞を受賞した。


ピアニスト峰不二子

20200512-00000016-mnet-000-0-view

▲実写です! アニメではありません  (^_^;)

330339

 

峰不二子がピアノ弾いてる!」

セクシーすぎるピアニストとして人気の高木里代子が自身のYouTubeチャンネルで、人気アニメの曲をセクシーコスプレ姿でピアノを演奏する姿が話題になっている。

今回は、国民的アニメ『ルパン三世』の峰不二子の姿で登場。

甘口キャラが続いていたなか、「辛口キャラをやりたいなー」と思ったとのこと。

パフォーマンスした「ルパン三世のテーマ」は、自身のライブでも「あの曲を弾いて!」とリクエストされるという。高木は、

「それにしても、本当にこの曲は大野雄二さんの名作中の名作ですね~~!!

ジャズピアニストとしても、作曲家としても大リスペクトです!

なのでこのピアノ!

JAZZテイストをふんだんに入れつつ、テーマではメロディ弾きつつ、

超絶風バッキングも弾くとゆう、一人二役みたいなピアノに挑戦しました!」

と、名曲をアレンジしたパフォーマンスを披露した。

81ftEAdkPFL

動画を観たファンからは

「リアルに峰不二子がいた」

「不二子がピアノ弾いてる!」

「衣装もピッタリ! こりゃルパンもメロメロだね!」

と称賛のコメントが寄せられた。

今回の動画は、二部作になっており、アニメのエンディングテーマとなっている「Love Squall(ラヴ・スコール)」もカバー。

この楽曲もライブで多くリクエストされるという。

とても色っぽくかわいい楽曲という「Love Squall(ラヴ・スコール)」。

ルパンファンはもちろんのこと、知る人ぞ知る隠れた名曲となっている。

高木は、今回の動画以外にも今話題のJ-POPソングを多数カバー。

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、歌で希望をと“STAY HOME”で話題になっている星野 源の楽曲「うちで踊ろう」をはじめ、オフィシャル髭男dism、King Gnuらの名曲をピアノパフォーマンスで披露している。

今後も週1~2の頻度でYouTubeを更新していくという。

 

高木里代子の動画をもっと見る

 


未来少年コナン(2)


未来少年コナン

main

youtuber_virtual

 

 5/4現在 YouTubeからダウンロード

  出来るみたいですよ  (^_^;)

 

1978年に放送されたアニメ「未来少年コナン」のデジタルリマスター版が3日深夜、NHK総合で放送開始された。

宮崎駿監督が演出や絵コンテを手がけた不朽の名作が“再放送”されるとあって、歓迎する声が多い一方で、ネット上では画角の問題への指摘も多く見られた。

同作のオリジナルは、当時のブラウン管テレビに合わせ、横4:縦3のスタンダードサイズで制作された。

しかし、今回は、現在の薄型テレビで主流となっている16:9のワイドサイズで放送されている。

ワイドはオリジナルに比べ横長のため、今回は上下をトリミング。

そのため場面によっては、オリジナルではコナンの頭頂部まで入っていたのに、今放送では切れていたり、コナンが持つやりの先が切れていたりと、違いが発生している。

ツイッター上では「興が削がれる」「残念」とがっかりする書き込みが多数あった。

YouTubeへ

 


実物大の動くガンダム

l_kf_gundam_01
images
 
 横浜に新しい観光名所が
  誕生します  (^_^;)
 
創通とサンライズが設立した一般社団法人「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」は1月20日、高さ18メートルの実物大ガンダムを、横浜・山下ふ頭で10月から一般公開すると発表した。
公開期間は約1年間。
国内外のロボット研究者、エンジニア、クリエイターらが設計・検証し、動く仕組みにする計画だ。
10月にオープン予定の施設「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」で展示する予定。
入場チケットは7月から販売する。
この施設は、動くガンダムを間近で見られる「GUNDAM-DOCK」と、動くガンダムの仕組みなどを学べる「GUNDAM-LAB」という2つのエリアで構成される。
入場料とは別途料金がかかる特別観覧スペース「GUNDAM-DOCK TOWER」も設ける。
実物大ガンダムを制作するプロジェクトは2014年にスタート。
「ガンダムの生みの親」として知られる富野由悠季総監督のもと、早稲田大学の橋本周司名誉教授、中京大学工学部のピトヨ・ハルトノ教授など、ロボットの研究者が参加している。
機体の設計は、役割ごとにディレクターが担当。
全体設計・安全設計・メカ設計は、「建機ロボット化」の研究をしてきた石井啓範さんが担っている。
システム設計や制御は、ロボットベンチャー「アスラテック」取締役の吉崎航さんが務める。
空間設計やガンダムを動かす際の演出は、乃村工藝社クリエイティブディレクターの川原正毅さんが担当している。
プロジェクトチームは「ガンダムという海外からも高い注目を集めるコンテンツと日本のものづくり、優れた技術力の融合をライブで体感してほしい」とアピールしている。
 


壇蜜さん結婚!

E_talentbank_17753_e360_1
mig
 
 壇密先生の保健体育の授業
  どんなこと教えてるんだろ?  (^_^;)
 
タレントの壇蜜(38)が、『東京都北区赤羽』『ウヒョッ!東京都北区赤羽』などで知られる漫画家・清野とおるさん(39)と結婚することが21日、スポーツ報知の取材で分かった。
「いい夫婦の日」の11月22日に婚姻届を提出した。
 
テレビ局関係者によると、2人は17年3月に放送されたTBS系『櫻井・有吉THE夜会』での共演をきっかけに交際をスタート。
 
壇蜜(だん・みつ)
本名・齋藤支靜加(さいとう・しずか)。
1980年12月3日、秋田県生まれ。38歳。
昭和女子大卒業後に銀座のクラブ、葬儀会社の研修勤務などを経て2009年デビュー。
10年に本名から改名。芸名の壇は仏壇、蜜は供え物を指す。
14歳から始めた日本舞踊は師範の資格を持つ。
レギュラーはNHKラジオ第2「高校講座 保健体育」、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」水曜パートナー、同「壇蜜の耳蜜」。
身長158センチ。血液型O。