土曜日, 24 of 10月 of 2020

Category » ネコ好き

猫っかわいがり

c6051b2c3aa5c5a9e8793fdfe4a99a57_640px

neko_oyako

 

「猫っかわいがり」

  という言葉があるくらい

 ママ猫は子猫を

  非常にカワイがります  (^_^;)

 

埼玉県に住む後藤さんは、4匹の保護猫を飼っている。

後藤さんの妹も2匹の猫を飼う猫好き兄妹だ。

後藤さんがロンドちゃんという4匹目の猫を迎えた頃、後藤さんの妹は、ある猫の保護団体の手伝いをするようになっていた。

団体のホームページを作ったり、問い合わせの対応をしたりしていたという。

猫を保護してくださいという依頼もあれば、TNRの相談もあった。

2019年4月10日、後藤さんの家の近くのアパートの住人から団体に相談メールが届いた。

「家の外に何匹かの猫が来ているのを知っていたが、うるさく鳴いていることがあった。気になって窓を開けたら、1匹の猫が部屋の中に入ってきて産気づいた。どうしたらいいのでしょうか」

という問い合わせだった。

後藤さんの家からアパートまで50mくらい。

後藤さんは翌日、様子を見に行った。

無事出産していたが、アパートなので室内で飼うことはできず、相談者は屋外に簡易的な小屋を作って保護していた。

中には子猫が4匹いた。

「3週間くらいそのまま様子を見てもらっていたのですが、管理会社から連絡があり『どうにかできないか』と相談されたんです。私も4匹猫を飼っていたので、すぐに家の中に入れることはできず、雨風をしのげるウッドデッキにケージを置いて保護しました。検便やウイルス検査、駆虫が済んでからケージごと家の中に入れました」(後藤さん)

子猫たちの里親は、団体と手分けして探した。

41d9c75ae301b0aa848caaa5e5ba2703_640px

全員里親が決まったが、1匹は残念ながら戻ってくることになった。

「トライアル先のご家庭には2歳のお子さんがいたんですが、子猫が来てから猫アレルギーを発症したんです。結構症状がひどいと聞いたので、すぐに引き取りました。猫を返してもらいに行くと、奥さんは泣いていました。その時、お子さんは寝ていたのですが、後になって『にゃんにゃんは?』と言って猫を探していたそうです」

後藤さんの母が、

「またこの子の里親を探して、譲渡して、また何かあって返されたら嫌だな」

と言ったので、子猫は後藤さんが飼うことにした。

5匹目の猫はレントくんと名付けた。

後藤さんは、3匹目の猫ルカちゃんを迎えた時に、これ以上猫は飼わないと決めていたのが、4匹目にロンドちゃんを迎え、今回、図らずも5匹目を迎えることになった。

これで終わりかと思ったがそうはいかなかった。

レントくんの母猫の里親は、

「実家の母の体調が悪くなり、一時的に入院することになった」

と連絡してきてから連絡が取りづらくなった。

心配した後藤さんの母が、

「無責任な人だわ。嫌だから、うちで飼おう」

と言いだし、後藤さんは6匹目の猫を迎えることになった。

名前はライムちゃんにした。

「ロンドもレントもライムも、猫を飼おうと思っていたわけではなく、まったく予定外のことでした」

ライムちゃんを迎えた頃、保護団体にへその緒がついている幼齢の子猫が保護された。

ライムちゃんはまだ母乳が出ていたので、10日ほど母猫の代わりに母乳を与えた。

理由は分からないが、ライムちゃんは誰の子であろうと分け隔てしない母性のある猫だった。

be33e1c3a90f6b0daad90ac9d9cecaf9_640px

 


日本人のネコ好き

pet_honyubin_cat_utsubuse

 

 日本人はネコに限らず

  何でもカワイイものが

 大好きなんですよね  (^_^;)

 

近年は中国でもペットを飼う人が増えていて、犬が人気を集めている。

なかには秋田犬や柴犬などの日本犬を飼う人もいるようだ。

日本では「ネコノミクス」という言葉が登場したように、近年は飼育しやすい猫に人気が集まっているが、中国では猫は日本ほど人気ではないという。

日本以外ではロシアなども猫が人気の国だが、中国メディアの捜狐はこのほど、日本人は「非常に猫好きだ」と主張する記事を掲載し、その理由について分析している。

記事はまず、日本人が猫好きになったのは「何も最近になってからではない」とし、猫の視点で人間模様がユーモラスに描かれている、夏目漱石の小説「吾輩は猫である」などの存在からも、日本人がずっと前から猫に関心を寄せてきたことが分かると主張した。

kotatsu_neru

また、「猫の額」、「猫の手を借りたい」、「猫は虎の心を知らず」、「猫に鰹節」など、日本には猫が登場する言葉も数多く存在するほか、

2月22日はニャンニャンニャンで猫の日とされていることなどを紹介。

猫という動物は、日本人の生活に密着した存在であることが良く分かるとしつつ、

「日本人がこれほどまでネコ好きなのは

 なぜだろうか?」

と疑問を提起した。

理由として記事は、猫を見たり撫でたりすると誰もが癒されるが、

「日本人は日常生活で大きなストレスにさらされているためではないか」

「他人に迷惑を掛けたくないという日本人特有の感情により、

 自分を制御しながら生活を送っているため、

 自由気ままな猫に魅力を感じ、同時に癒されているのではないか」

と分析した。

中国でも多くの人がペットを飼育するようになっていて、ペットビジネスも拡大している。

中国で人気なのはあくまでも犬だが、猫の場合は中国語で藍猫(ランマオ)と呼ばれる「ロシアンブルー」が人気のようだ。

chuka_chef

 

 「ネコはお好きですか?」

   日本人「ダイスキ!かわいいもん」

   中国人「ダイスキ!大好物アルヨ」

 


猫は健康に良い

download

 

 ネコと一緒に育ったおかげかどうか

  私は花粉症になりません

 今はネコを飼ってないけど

  ネコ動画を見るのが日課です  (^_^;)

 

猫は十二支に入っていない。なぜだろうか?

諸説あるが、神様が元旦に一番早くあいさつに来た動物から12番目の動物までを干支にすると言ったそうだ。

早起きが苦手な猫からその噂を尋ねられたネズミは、

「元旦はゆっくりするもので、2日の朝にあいさつすればよい」

とウソをついた。

ネズミは要領が良く、早起きが得意な牛の背中に乗って近くまで行き、直前に飛び降りて一番に神様に挨拶をした。

だまされた猫はそれ以来、ネズミを追いかけるようになったという逸話である。

十二支に入れなかった猫だが、さまざまな健康面の恩恵を人に与えている。

猫のゴロゴロは傷の治癒を早め、筋肉の緊張を緩め、血圧を安定させ、心臓発作を起こす確率を40%下げます。

さらには猫を抱くことで、体温を上げ、撫でることで心を落ち着かせることができます。

こういったことはすでに科学的に証明されています。

猫と暮らすことで沢山の健康的効果が得られています。

猫と暮らすと健康に良いとする調査は欧米を中心に多く発表されています。

 (1)においがほとんどなく、トイレもすぐに覚えるし、きれい好きで清潔な動物なので、人も健康で快適に暮らすことができる。

 (2)手のかかる世話をしなくてよいので、飼い主のストレスや不安が少ない。

 (3)「V・I・N・ジャーナル」に発表されたが、他のペットに比べて、心臓発作のリスクが低い。科学者は普段からストレスなく世話できるからではないかとみている。

 (4)猫と暮らすことにより、愛と信頼の感情を含むオキシトシン(幸せホルモン)が多く分泌される。特に猫のモフモフ感のある被毛に触れることで、犬よりオキシトシンが高まる傾向にある。

 (5)赤ちゃんの時から猫と触れあうことにより、感染症、アレルギーやぜんそくのリスクが軽減する(Pediatrics誌)。

 (6)自閉症の子供の気持ちを穏やかにする。

 (7)猫の飼育者は血圧が下がる傾向にある。部屋の中で大きな声で話すと血圧が上がるが、猫がいるときは大きな声で話しても血圧が上がらなかったとのデータがある。

 (8)米国ミネソタ大学の研究では、猫の飼い主は、非飼い主と比較して、心疾患で死亡するリスクが30~40%低いとの調査データがある。

 (9)心臓疾患や糖尿病、心臓発作、肝疾患や腎疾患のリスクにつながる中性脂肪やコレステロール値を下げる。

 (10)猫の飼育者は交流の機会が促進される。ある研究によると、猫を飼っている男性に女性は惹かれる傾向にある。理由は、猫の飼育者は感受性が高いと女性に判断される傾向にある。

 (11)猫は単独行動の動物であるが、飼い主が触れあうことで、飼い主と猫の絆は深まることにつながる。2003年のスイスにおける調査では、猫と暮らすことは愛するパートナーと暮らすのに似ているという。

 (12)歩行困難な高齢者にとって猫は散歩をしなくてもよく、また、認知症の発症を遅らせるという調査結果がある。

猫と暮らすことで、このようにさまざまな健康面の効果が報告されています。

十二支に入れなかった猫を癒やす意味で、猫と暮らしてみてはいかがだろうか?

 


今日は猫の日

mike800_cSTyDlu0VjMS7GPsTJ4_B9sNVPP0Zcn-

2020年2月22日(土)は、「222(ニャンニャンニャン)」猫の日

特に今年は「22222(ニャンニャン&ニャンニャンニャン)」。

世界中に猫の日は存在するものの、2月22を猫の日としているのは実は日本だけですが、

日本中の猫好きたちにとって、今日は一年で最大の祭日です!

全国各地で猫好きにはたまらない猫イベントが開催されます。

詳細はここをクリック

 

 


ネコの権利

bern-cat-ladders-8
スイスにはネコの権利を守るため様々な法律が制定されている。 例えば

飼い猫は外に出してあげること

窓から他の猫の姿を見られるようにすること

どうしても家の中だけで飼いたいのならば2匹以上飼うこと

などだ。
スイスのベルン市内には、猫の為に配慮された集合住宅がいくつもある。
外壁に取り付けられているのは、災害時の脱出口のように見えるが、実はネコ専用の外階段である。
上層階のバルコニーや窓から、猫たちが外に出ていき、戻ってこられるよう配慮されたものなのだ。
これらの写真は、スイス・ベルン市在住のグラフィックデザイナー兼写真家のブリジット・シュスター(Brigitte Schuster)がベルン市内で見つけた猫専用のはしごである。
彼女は5年前にベルン市に引っ越してきたそうだが、人間が使うには小さい手作りの外階段をいたるところにあることを発見。
猫たちがその階段を使って、自由きままに往来しているのを見て、猫専用であることがわかった。とても感動したという。
以来市内をめぐり、猫専用階段を撮影しつづけ、それらをまとめた写真集『Swiss Cat Ladders』を発売した。
猫は高いところへ登るのが大好きだ。不安定に見える建造物を移動するのもお手の物だが、それでも足場は必要だ。
ベルン市の猫の飼い主たちの、猫に対する愛情がたっぷりと伝わるユニークで愛らしい猫用外階段である。
つづきはここをクリック »


迷い猫ブラン

WS000000

親猫とはぐれたのか、幹線道路沿いを子猫がフラフラと歩いている。

車を止めるのも難しい、そんな場所で子猫は拾われた。

大阪府堺市、海の近くにある浜寺。幹線道路沿いの歩道を子猫が1匹で歩いていた。

ガリガリにやせて、フラフラとさまよっているようだったという。

cat_eduke_noraneko

推定4ヶ月のオスだった。

幸い、偶然その姿を見かけた人が保護してくれたのだという。

保護された子猫は、保護団体「ワンハート大阪」に託された。

元気に成長し、3歳になった時、譲渡希望者が現れた。

 大阪府に住む平松さんは、ずっと家で犬を飼っていた。

その一方、庭にやって来る野良猫の不妊手術を私費でするなど、個人でTNR活動もしていた。

ある時、メルちゃんと名付けていた地域猫が大怪我をして、庭に帰ってきた。

窓越しに“助けてくれ”というようにこちらを見ていた。

病院に連れて行くと、怪我のほか、猫エイズに感染していることも分かったという。

そのまま家の中で飼おうとしたが、外に行きたいのか、ずっと鳴き続けた。

pet_tehe_cat

仕方なく、外に出すと、嬉しそうに出ていったそうだ。

だが、その4カ月後、メルちゃんは亡くなったという。

「猫を飼ったことはなかったんですが、この事件以来、ずっと可愛そうなことをしたと気になって。それで保護猫を飼うことにしたんです」

 平松さんは2015年8月、ワンハート大阪のブログを見て、気に入った猫を家に連れてきてもらった。

平松さんは、その白い猫に、フランス語で「白」という意味の「ブラン」と名付けた。

手作りの段ボールハウスやキャットタワー、ベッドなど、必要なものはすべて用意して迎えたという。

首輪につける名前や電話番号の入ったチャームも準備した。

「初めての猫なので心配しましたが、ブランは、段ボールハウスが気に入ったようで、すぐにこもって眠りました。ご飯も食べてくれてほっとしました」

 ブランは7人の大家族に囲まれて元気に育った。

その後、後輩猫もやって来た。

ブランはなんでも自分が一番でないと気が済まない性格で、家族が後輩をかまっていると、嫉妬するという。

それでも猫同士はつかず離れずうまくやっている。

WS000001

 
 二番ぢゃ 駄目なんですか?
 


猫に二重瞼の整形手術

c62f1_196_d616d483_0fbd89a0
飼っているペットを我が子同様に可愛がる人もいれば、身勝手で無責任な行為により苦しませてしまう飼い主もいる。
このほど中国・江蘇省で、飼い猫が不細工だからと二重瞼の整形手術を受けさせた飼い主がソーシャルメディア上で非難を浴びた。
江蘇省南京市に住むある女性(名は非公開)が、飼い猫の瞼を二重に整形したことが2月27日に同省のテレビ局で報じられた。
この女性は飼い猫の目が気に入らず「ブサイク」だと思い、南京市にある瑞鹏動物医院へ連れて行き、1万元(約166,000円)の費用をかけて猫の目を二重にする施術を依頼した。
テレビ局は、一重だったグレーの猫が目の周りの毛を剃られて麻酔をかけられた後、メスで瞼を切開された施術後のショッキングな写真を公開。
猫は縫い付けられた目の周りを赤く腫らしており、とても痛々しい。
sick_syujutsu_pet_neko
 
 上の写真は手術直後みたいで痛々しいですけど
  しばらくしたら たぶん美猫になるんでしょ
 猫にしたら避妊去勢手術の方がイヤだろね  (^_^;)
 

詳細はここをクリック

 


大人気 プーチン・カレンダー

372d8b43
ohimesama_dakko_macho_man

 
 平和ボケしている日本には
  女性が頼れる「強い男」が
 少なくなっていますからね  (^_^;)
 
ロシアのプーチン大統領(66)のカレンダーが、日本で爆発的人気を呼んでいる。
英字オンラインニュース「ジャパン・トゥデイ」によると、プーチン大統領の写真付きカレンダーは数日で売り切れごめんとなった。
それだけではない。プーチンカレンダーは各分野で活躍するトップスターのカレンダーの中で首位を勝ち取り、販売記録を打ち立てた。
ウェブサイト「ソラニュース」によると、プーチン大統領は、夫に安心感と勇ましさを求める日本の中年主婦にとって、一種のアイドルになっている。
40歳から80歳の年齢層の女性からなるプーチン大統領のファンクラブまである。
また、日本の人気マンガやアニメのプロットとして、プーチン大統領が登場する機会が増えているという。

Screen Shot 2018

20181127_asagei_tanaka
20181217-00000094-dal-000-5-view
「ソラニュース」によると、プーチン大統領に続くカレンダーの売上げ第2位は、俳優の田中圭氏、第3位はフィギュアスケーターの羽生結弦氏だった。
昨年もプーチンカレンダーの売上げは上々だったが、日本のスターを飾ったカレンダーの売上枚数には及ばなかった。

5c17

▲氷水も平気

5b

▲馬も乗りこなす

4b89068e

も乗りこなす  ホンマかいな? ((((;゚д゚))))

CztMFm0VEAABI4d

▲射撃も得意

img_af1c9d79d4a1d273e386099a7378725078313

▲釣りも得意   裸を見せるのが好きみたいですね  (^_^;)

img_0

▲柔道は有段者

t_uor4s1dusis6jtrgktr0

▲ピアノも弾いちゃう

wor1711120005-p1

▲背はちょっと低いけど、気にしない

eef93320

▲意外とおちゃめ

Turkmenistan's President Gurbanguly Berdimuhamedov (L) demonstrates a Turkmen shepherd dog, locally known as Alabai, before presenting it to his Russian counterpart Vladimir Putin during a meeting in Sochi, Russia October 11, 2017. REUTERS/Maxim Shemetov
33557ea4

▲犬を可愛がる   人間は殺すけど ((((;゚д゚))))

original

▲もちろん猫も可愛がる

cdf83e0b

▲アイスクリームが好き

images

▲本物のスパイだった
 

海外の反応
・プーチンが世界中で人気なのは知ってたけど、まさか日本でここまでの人気があるとは思ってなかったよ。面白いね。・これは一体どういうこと!? なぜ!?
・このニュースは本当なのか? 冗談じゃなくて?
・これはロシアのハッカーがまた動いたんだろ。
・日本ではプーチンはアニメよりも人気があるのか・・・
・まぁプーチンは男の中の男だからな。
・女性はこういう本物の男に惹きつけられるものなんだよ。
・これは友人や家族にプレゼントするのに丁度いいと思ったね。
・これは真のリーダーを欲している日本人達が買ってるんだろう。
・プーチンは第二次大戦後に登場したリーダーの中では最も偉大だからな。
・正直自分もこのカレンダーが欲しいと思ったよ。これはどこで購入することが出来るの?
・↑アマゾンでも色んなタイプのプーチンのカレンダーが売ってるぞ。それとカナダではバンクーバーにあるロシア系ショップでも扱ってたりする。
・実は俺もプーチンのカレンダーを持ってるよ。素晴らしいカレンダーだよ。
・↑俺のモスクワの友達は毎年クリスマスの時期になると送ってくるよ。
・ドナルド・トランプや金正恩はカレンダー出さないの?
・俺はドナルド・トランプが馬に乗ったり、冷水に使ったり泳いだりしてるカレンダーが見たい!
 


ネコ好き 北川景子

kitagawakeiko2
北川景子さんの猫好きエピソードとして面白いのは、実はけっこう大人になるまで猫好きではない、あまり動物が好きではなかったという事です。
たいていの猫好きはけっこう早めから猫好きを自覚することが多いので、面白いなと思いました。
もう女優としての仕事を始めていた時、たまたまマネージャーさんと立ち寄ったペットショップで、売れ残りの猫を見かけたそうです。
その猫はもう生後半年ほどたっていて、見た目はかなり大きくなっていました。
その時は気にはなったのですが、仕事があるからとペットショップを後にしました。
しかし運命的なものがあったのでしょうか、北川景子さんは後日またその猫が気になってペットショップに立ち寄ります。
「この猫は売れ残ったらどうするんですか?」と店員さんに聞くと、
「その場合は芸を仕込んでタレント猫にするか、里親を探します」と答えられたそうです。
しかし、お客にはそういっても、実際里親探しまできっちりと行うペットショップはまだ稀です。
北川景子さんはそのとき、「わたしが飼わなくては」と思ったそうで、今ではその猫ちゃんは北川景子さんのブログに度々登場して、幸せそうに太っています。
テレビにも出演したことがあって、高そうなソファーで爪を研いで、ソファーがぼろぼろになっている様子が流れました。
「かわいいから許しちゃんだよね~」とにこにこ笑っている北川景子さんが、とっても好きだなって思いました。
ちなみに猫の種類はメインクーンで名前はジルちゃんです。
pacat
 
 ネコ好きに悪い人はいません  (^_^;)
 


訃報 マミタス

201502021

女優・歌手の中川翔子(しょこたん)の飼い猫「マミタス」が9月19日に亡くなっていたことが23日わかった。

 ↓ これは明らかに 太りすぎ (T_T)

CJ2_9sIUkAA6__n

中川は自身のTwitterおよびブログでマミタスが急死したことをファンに報告し
「寝ていると思ったら息をしていませんでした。原因も理由もわからず、受け止めることもできませんでした。」
と投稿している。
突然亡くなった原因は今も不明ではあるが、マミタスは13歳という高齢猫であった。
  飼い猫の平均寿命は10~15年
   野良猫は4~5年 (T_T)

最近では8キロほどに太って、ファンから「最近のマミタス太り過ぎでは?」「デブ猫に見える」と肥満からくる病気を指摘する声もあがっていた。

マミタスは中川翔子の飼い猫として写真集を出した2006年前後はスラっとした痩せた猫であったが、2010年以降はみるみると体重が増加してしまっていたという。

一部では太りすぎたマミタスに対しファンから中川に対し「きちんと健康管理しているのか?」「太りすぎてかわいそう」との声も噴出していたという。

マミタスは中川翔子がブログをきっかけにブレイクし始めた2004年前後に生まれた猫で、中川も我が子のように非常に溺愛していた。

そのため、中川の精神的ショックは大きくマミタスの死亡を発表した23日以降はTwitterの投稿を控えており中川の「ペットロス」を心配する声も強い。

PAP_0228

中川翔子(しょこたん)

なかがわ しょうこ、本名:中川 しようこ、1985年5月5日 –
日本の女性マルチタレント
2006年に歌手デビュー。その他、声優業やイラストレーター、漫画家、女優など多方面で活動。東京都中野区出身。
戸籍上の本名は中川しようこであり、小書きで「しょうこ」ではない。座右の銘は「貪欲」
51zdHDczJCL._SX353_BO1,204,203,200_
漫画などに関する知識が深く、特に昔の特撮、1980年代アイドルソング、およびレトロゲームなどに詳しい。
これは中川が大槻ケンヂと対談の際「父の影響」だと述べている。
中川が9歳の時に亡くなった父・中川勝彦は、当時5歳の翔子に「これを読まないと大人になれない」と言い、『ゲゲゲの鬼太郎』と楳図かずおの『赤んぼ少女』をいきなり全巻買って与えたりするような父親。
娘から見ても、「いかがなものか」と眉をひそめるほど、怪獣やホラー、漫画などを非常に好んでいたというエピソードを明かしている。