火曜日, 2 of 6月 of 2020

Category » インド

毒ガスで11人以上死亡

この動画がそうなら「死者11人」などでは済まないだろう ((((;゚д゚))))

 

インド東部ビシャカパトナムにある、「韓国LGポリマーズ・インディア」の化学工場で7日、

毒ガス漏れが起きた。

インド政府によると、漏れたのはスチレンを含んだ毒ガスとみられる。

子どもを含む周辺住民ら11人以上が死亡、約1千人が体調不良を訴えている。

LG-840x430

韓国LGポリマーズ・インディア」の毒ガス漏れは同日午前2時半ごろ発生。

毒ガスの影響は、半径3キロ以上に及んでいる。

インド地元メディアは、路上で倒れ込んだり呼吸困難を訴えたりする人々の姿を報じた。

インドでは3月下旬から中国コロナによるロックダウン(全土封鎖)が続き、工場は稼働を停止していたが、封鎖の一部緩和により稼働再開の準備をしていた。

韓国LGポリマーズ・インディア」のホームページによると、同社は韓国LG化学が現地企業を買収して1997年に設立し、プラスチック製品の材料となるポリスチレンなどを生産していたという。

 

 


映画 ムトゥ 踊るマハラジャ

dance_india_group

 

インド映画の古典的名作なんだけど、B級映画っぽいノリのドタバタ喜劇が2時間45分つづきます

ストーリーに関係なく、やたらとダンスが突然始まるが、主役のインド美人が踊ると、とってもカワイイ

宗教と哲学的瞑想と厳しいカースト制度の国が喜劇を作ると、こんなにハチャメチャ楽天的になるのは、来世を信じてるから?

インド人って、憎めないなぁ (^_^;)

 


MRIの強力な磁力で死亡

で、親族の見舞いで病院を訪れた男性が、磁気共鳴画像装置(MRI)の強力な磁力に引き寄せられて死亡する事故が起きた。警察が29日、発表した
事故は27日夜、インド経済の中心都市ムンバイにあるナイル(Nair)病院で発生。市警察が出した声明によると、男性は酸素ボンベを抱えて室内に入った際、磁力により装置へ引き寄せられたという。
警察報道官はAFPに対し、「インド刑法第304条にのっとり、医師1人と職員1人を過失致死容疑で逮捕した」と明かした。
警察は初期情報に基づき、男性が運んでいた酸素ボンベが装置にぶつかって破損し、男性がボンベから漏れた液体酸素を吸い込んで死亡したとの見方を示している。
犠牲者のおじの話では、男性は職員からボンベを運ぶよう頼まれ、その際MRIの電源は落としていると説明されたという。
「そういった事故を防ぐべき職員が、装置の電源が入っている時に私の家族らに室内に入るよう促した。私たちはショックを受け、打ちのめされている」とおじは語った。
kenkoushindan_mri_man
 
 MRI検査を受けるときは
  金属に注意しましょう  ((((;゚д゚))))
 


野良ゾウ大暴れ インド

20160211-OYT1I50019-L

インド東部の西ベンガル州シリグリで10日、市街地に迷い込んだ野良ゾウ(のらぞう)が家屋など40か所以上を壊す騒ぎがあった。

 PTI通信などによると、この野良ゾウは群れからはぐれたとみられるメス。

 地元当局者に麻酔銃で撃たれて捕獲されるまで、約7時間にわたって大暴れした。

野良ゾウは近く森に戻されるという。

 インドでは、人口増加に伴う住宅地の拡張により、野生動物の生息環境の破壊が進行。

野良ゾウがえさを求めて市街地に迷い込むケースが増えている。

インドでは 野良牛(のらうし)は珍しくないけど

  野良ゾウには インド人もびっくり

インドの旅はこちら  (^_^;)

▼ついにつかまった

wor1602110016-p6


インドの旅の写真 4/2-12

0000

要約版を追加しました

詳細はここをクリック

 
アグラ:有名なタージマハルがある  バラナシ:ガンジス川に面した宗教都市。沐浴で有名
 


インドのVISA

 
インドに行きたくなったので VISAもらってきました
VISA発行してるインド人は とてもフレンドリーでした
いつ行くかは まだ未定 (^_^;)
 



 
上の写真みたいに キレイな所ばかり ではないらしいです (^_^;)
 


新宿中村屋 閉店10/19

新宿中村屋本店(新宿区新宿3、TEL 03-3352-6161)が、ビル老朽化に伴い建て替え工事を行うため、10月19日の営業で休業に入る

1901(明治34)年にパン店として本郷に創業した同店。1909(明治42)年に現在の新宿に移転し、クリームパンの考案や、中華まんじゅう、月餅、水ようかんの缶詰など、独創的な商品を世に送り出してきた。
 中でも、日本に亡命し同店がかくまったインドの独立運動家が、1927年(昭和2)年に作った「純印度式カリー」は多くの文化人・著名人にも愛され、現在も同店の看板メニューとして人気を博す。
現在のビルは1958(昭和33)年に完成。建て替えで地上6階・地下2階が、地上8階・地下2階となり売り場面積が増える。現在営業を行っているフロアは、地上5階~地下1階だが、新しいビルに関しては、「営業で使用するフロアについては現在検討中。決まり次第発表する」と同店CSR推進室長の吉岡さん。
仮店舗のレストランが11月15日より、同店の隣「新宿高野ビル」6階で営業を始める予定。和洋菓子は、周辺の伊勢丹新宿店、新宿タカシマヤ、小田急百貨店、京王百貨店の店舗や、同店地下道の店舗で引き続き販売する。クリームパンなどパン類の販売は、「電話を頂ければ、取扱のある店のご案内をさせていただく」と吉岡さん。
営業時間は、地下1階=コーヒーと自家製パン料理「マシューズ」(9時~21時、19日は20時まで)、1階=菓子食品売り場と喫茶「ティーサロン」/東館=オムライスと洋食レストラン「オリーブパヴィヨン」/2階=インドカリーと中華レストラン「ルパ」(11時~22時、19日は20時まで)、3階=フレンチとカリーのディナーレストラン「レガル」(11時30分~16時/17時~21時、19日は16時まで)、4階=カリーバイキング(昼)とレストランバー(夜)「ラコンテ」(11時~16時=「カリーバイキング」/17時~22時=「レストランバー」、土曜・日曜・祝日の「カリーバイキング」の営業は21時まで、19日は「カリーバイキング」は16時まで/「レストランバー」は休業)、5階=個室宴会場「レザミ」(予約のみ、19日は休業)。
営業再開は2014年秋を予定。
 
(^_^;) 銀座の木村屋 新宿の中村屋