火曜日, 2 of 6月 of 2020

Category » 2東北

秋田県知事のひとこと

OBJET-0201

▲秋田県の佐竹敬久知事

unnamed

 

 ピリピリした緊張ムードを

  やんわりほぐす 牧歌的ご発言

 和みますねー  (^_^;)

 

2020年4月16日、中国コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、日本政府は緊急事態宣言を全国に発令しました。

今回の緊急事態宣言の期間は、同年5月6日まで。

緊急事態宣言の拡大を受け、多くの都道府県が急ぎ対応をしています。

秋田県は同月17日に対策本部会議を開き、中国コロナ緊急措置を即日実施。

緊急事態宣言の拡大が地方への旅行や帰省の自粛をうながすためであることについて、

秋田県の佐竹敬久知事はこのようにコメントしました。

「そもそも(秋田県の)郡部においては、

 普通の時も人が歩いていませんので…。

 あまりピンとこないと思います」

「常に混雑している東京都とは状況が異なるため、

 今後の対応をどうするかが重要である」

と伝えた佐竹知事。

東京都の人口は秋田県のおよそ10倍です。

佐竹知事がいうように、緊急事態宣言が発令されたところで危機感を抱きづらい人もいるでしょう。

佐竹知事のコメントがテレビで放送されると、ネットでは「普通の時も人が歩いていない」という部分が話題に!

秋田県民からは

「何もいい返せない…」

「高度な自虐だ」

「真面目な話なのに笑ってしまった」

といった声が上がっています。

佐竹知事の発言を受け、県外からはこのような声も…。

・さすがは佐竹氏の末裔(まつえい)。郡部の様子まできちんと把握している。

・まさにこれ。地方は人間よりも野生の動物のほうが外を出歩いてる。

・自分も地方に住んでいるので、実はピンときていません…。

秋田県は今後、十分に検討をした上で迅速に対応をするとのこと。

きっと、地域性を理解した上で最善の策を講じてくれることでしょう!

shutterstock_508345192

 


救助ヘリから落下事故


helicopter_kyuujo
 
 これは関係者にはキツイ事故ですねぇ
  フールプルーフや フェイルセーフ
 どのようになっていたのか? ((((;゚д゚))))
 
東京消防庁は13日、福島県いわき市で台風19号に伴う救助活動中、ヘリコプターにけが人の70代女性を収容しようとしたところ、誤って約40メートルの高さから落下させたと発表した。
女性は同市内の医療機関に搬送されたが、心肺停止の状態。
東京消防庁は調査員を派遣し、事故の経緯を調べる。
同庁によると、事故は13日午前10時すぎ、いわき市平地区で起きた。
救助活動に当たっていた部隊は大型消防ヘリ「はくちょう」で、隊員は11人体制だった。
出動要請を受けて同日午前から活動していた。
 
1571034907617
 
東京消防庁は13日、福島県いわき市で台風19号の救助活動に当たっていた消防ヘリ「はくちょう」から70代女性を誤って落下させた事故について会見を開き

活動の手順を誤ったことが事故の要因」

「受傷された方、ご家族の皆様に心からお詫びを申し上げます」

と謝罪した。
発生日時は13日10時6分頃、77歳女性の傷病者を救出途中の出来事だった。
当初意識は鮮明だったというが、事故後に再度、救出活動に当たった際は心肺停止だったという。
事故が起こった当時の経緯については

「通常であれば地面に降ろし、座っていただいてからハーネスのカラビナを取り付ける

しかし今回は、水があるために抱えていた。

そのため一緒に降りたもう一人の隊員が、救助員のカラビナを取り付け、さらに本来であれば要救助者のカラビナを取り付けるはずだったが、その手順を見失ってしまった

その後、傷病者を抱きかかえる形でヘリコプターまで到着し、ヘリコプター側のホイストマンという要救助者を中に引き入れる作業をする者に要救助者を渡そうと位置を変えた時、取り付け具がついていなかったことから、傷病者を落下させてしまった」

などと説明した。
mono56281627-170324-02のコピー
高さ約40メートルから落下した女性は心肺停止の状態で市内の病院に搬送されている。
「はくちょう」は緊急消防援助隊として、13日朝から福島県内で救助活動を行っていた。
また救助活動にあたった救助隊員は2名で、年齢はともに32歳。
消防に入ってからは12年と13年で特別救助隊員の資格を有しており、航空隊に配属されてからは1年6カ月と2年6カ月。
それまでは消防署の特別救助隊員として活動していたということだ。
 


冷静な国


本日( 2016年11月22日 )午前5時59分ごろ、福島県沖を震源とするM7.4の地震が発生し、青森県の太平洋沿岸、岩手県、茨城県、千葉県外房沿岸、千葉県内房、伊豆諸島など、大変広い地域で津波注意報が発表されました。
この地震では、福島県、茨城県、栃木県で震度5弱の強い揺れが観測され、北海道から中国地方にかけて震度4から1の揺れが起きています。
気象庁は、今後1週間程度は同じ規模の地震が起きる恐れがあり、その場合は再び津波が発生する可能性もあると発表し、引き続き注意を呼びかけています。
今回ご紹介する映像は、 地震発生時に仙台駅のホームで撮影されたもので、電光掲示板が大きく揺れている様子が収められています。
ただ、外人さんは揺れの大きさよりも、日本人の冷静な様子に注目しており、まったくパニックが起きていないことに驚きの声が寄せられていました。
jishin_kinishinai_people
 
 これは3.11とは違う、3年前の地震の動画です
  最大震度5弱ですから、日本ならよくある普通の地震
 冷静な日本人に、外人さんが驚愕しています  (^_^;)
 
■ ホームにいる人が落ち着き払ってることに驚愕してる。 +2 アメリカ
■ なんであんな冷静でいられるんだ。
いや〜、これは賞賛に値するわ。 +2 カナダ
■ 男の人なんてゆっくり歩いてるもんな……。
あれくらいの揺れなら日常茶飯事って感じだ……。 +193 イタリア
■ マンマミーア……。身の危険はないってことを、
あの人は経験から分かってるんだろうな……。 +4 イタリア
■ 日本ならあの規模の地震じゃホームは壊れない。
どの建物にも耐震技術が使われてるから。
それを知ってるから冷静なんだよ。
こっちの建物はモダンなモノであっても、
大きな地震が来れば倒壊しちゃうけど。 +30 イタリア
■ あれだけ揺れてるのに混乱がないとか ;V +4 スペイン
■ 日本人は何が起きても冷静だよな。
俺もそういう国で暮らしたい、と言うか暮らすわ。  アルゼンチン
■ 日本は国が耐震強度をあげるように指導してるからね。
俺の母国ではまるっきりだけど。 中国
■ なぜにあの状況で普通に歩けるんだ😵 +3 国籍不明
■ 日本の地震発生率はちょっと尋常じゃないね……。
だから完璧な耐震設計をしてるんだろうけど……。
安全が確保されてる日本人はラッキーだと思う。 +18 イタリア
■ あの揺れで何も落下しないとかありえんの?
あっ、日本はイタリアじゃなかったんだ😕 イタリア
■ 俺なら怖くて仕方なくなっちゃうと思うけど、
日本人はあれくらいの揺れじゃ動揺しないのな。 +2 フランス
■ あんなに大きな地震なのに、何も落ちてきたりしてない……。 イタリア
■ 大騒ぎする人がいないだと……。日本人は何なんだ!!! +6 イタリア
■ 利用客が騒いでないし、停電も起きてない。
えっ? 日本? あ〜、なら驚くことはないな。 エクアドル
■ 俺の国だったらホームが崩れ去ってる。
耐震建築になってるから日本だと問題ないわけだが。 +32 国籍不明
■ 日本人は建物が崩れないことを分かってるんだなぁ……。
それにしてもあの冷静さは凄すぎるでしょ……。 イタリア
■ 日本ならあの程度で会社が休みになることはなさそうね。 +2 ギリシャ
■ まるで代わり映えのしない日常を過ごすかのように、
颯爽と歩いていくあの男性に私惚れてしまいました。 +3 アメリカ
■ 普通全力で出口に駆け込むような状況だよね! +1 アメリカ
■ 電車から降りてきた男の人に目がいっちゃう……。
何事もなかったかのように歩いてる。 +9 アメリカ
■ 駅の綺麗さと清潔さに目がいってしまった。
俺の国じゃあの水準に持ってくのは不可能なのか? アメリカ
■ WOW 巨大地震が起きても落下物がまったくない。
日本は驚異的な国だねホント!
日本の耐震技術をこっちでも取り入れたいもんだ……。
いや、今すぐにでも取り入れなきゃダメなんだ! +2 インドネシア
■ 俺の国が日本レベルに到達するには100年は必要😞 マレーシア
■ ホームにいる人たちの反応で日本の耐震技術の凄さが分かる。
こっちならホームが倒壊してるって言うのに!! +2 イタリア
■ 男の人の「またか」程度の反応がツボに入ったw +5 エルサルバドル
Torre_di_Pisa
 
あんな傾いた塔でも崩れないんだから
 イタリアの建築技術ってスゴイのかと思ってたけど
耐震技術はそうでもないみたいだね  (^_^;)


加藤紘貴 逮捕 矢口智恵美さん殺害の山形大生

kato
山形県東根市で眼科医の矢口智恵美さん(50)が殺害された事件で、山形大学人文学部4年の加藤紘貴容疑者(23)が逮捕された。
矢口智恵美さん殺害の山形大生、加藤紘貴と同じ小白川キャンパス(山形市)に通う学生の間に12日、「怖い」「まさか身近で起きるとは」と衝撃が広がった。
山形大学人文学部1年生の男子学生(18)は「身近にそういうことをする人がいたなら怖い」とおびえた様子。
山形大学理学部3年の男子学生(20)はニュースで逮捕を知ったといい、「まさか自分の近くで殺人事件が起きるとは」と不安げな表情を見せた。
矢口智恵美さん殺害の山形大生、加藤紘貴と同じ人文学部4年の男子学生(21)は「同じ大学に殺人事件を起こすような人がいたのは驚いた。周囲の人間は気付かなかったのだろうか」とつぶやいた。
山形大学人文学部の男性教授は「報道されている以上のことは分からず、矢口智恵美さん殺害の山形大生、加藤紘貴についても特別の情報は持っていない」と困惑した。
 


みちのく潮風トレイル

01
catwalk
 
 これは歩きでがありそうです  (^_^;)
 
190601news4-thumb-300xauto-35480
東日本大震災で被災した東北の太平洋沿岸部を歩いて、復興を支援する環境省のプロジェクト「みちのく潮風トレイル」(青森県八戸市―福島県相馬市)の全ルート(全長1000キロ)が6月9日、開通する。
「潮風トレイル」は震災後の2011(平成23)年6月に環境省が構想に着手。
福島県と青森、岩手、宮城の4県28市町村を結ぶ長距離の自然歩道で、13年から順次ルートが公表されてきた。
残る岩手県の「田野畑村―岩泉町」「宮古市―大槌町」、宮城県の「南三陸町―女川町」「石巻市―名取市」の4区間で開通準備が整い、6月9日に宮城県名取市で開かれる記念式典で全線開通が宣言される。
ルートには海の雄大な景観を楽しめる場所が豊富で、険しい山や満潮時には通れないコースも設定。
同省などによると、全区間を歩くには慣れた人でも約2カ月かかるという。
外国人の利用も想定しており、仙台空港を活用した誘客策も検討する。
 
 


放火魔・大森政弘 再逮捕 「仕事が無くイライラ」

宇都宮市郊外の山林に放火し4万平方メートル以上を燃やしたとして、栃木県警宇都宮中央署は17日、森林法(放火)違反の疑いで、同市宝木町の放火魔・大森政弘被告(63)=同罪で起訴=を再逮捕した。
放火魔・大森政弘は「仕事がなく、いらいらしていた」と容疑を認めている。
放火魔・大森政弘の再逮捕容疑は、4月5日午後0時半ごろ、宇都宮市新里町甲の山林で、枯れ葉に火を放って周囲に燃え移らせ、森林約4万8174平方メートルを燃やしたとしている。
現場付近は、毎年10月に開催される国内最高峰の自転車ロードレース「ジャパンカップ」のコースで、同署などが出火原因を調べていた。
同署によると、放火魔・大森政弘はライターを使って紙に着火、枯れ葉に火を移したという。
火はゴルフ場の芝などにも燃え移ったが、けが人はいなかった。
放火魔・大森政弘は今年4月から5月にかけて、同市内の森林に放火したとして2度に渡って同署に逮捕されており、同署は経緯を調べている。


太田孝広 再逮捕 現金350万円だまし取る

天童署は16日、詐欺の疑いで、山形銀行(山形市)元行員の詐欺師・太田孝広容疑者(56)=山形市印役町2丁目=を再逮捕した。
詐欺師・太田孝広の逮捕容疑は、山形銀行長岡支店(天童市)で昨年5月31日、普通預金の払い戻しを顧客から依頼されたかのように装い、山形銀行の同僚に払戻請求書を示して現金350万円をだまし取った疑い。
詐欺師・太田孝広は、昨年6月にも同様の手口で150万円をだまし取ったとして、5月27日に天童署に逮捕され、16日に処分保留で釈放された。


太田一磨 逮捕 放火魔

自宅近くの山林に火をつけようとした疑いでいわき市の51歳の放火魔・太田一磨が逮捕された。
周辺では不審火が相次いでいて、警察は放火魔・太田一磨が関与しているとみて捜査している。
放火未遂の疑いで逮捕されたのは、いわき市内郷内町の無職の放火魔・太田一磨容疑者51歳。
放火魔・太田一磨は7日午前4時15分頃、自宅近くの枯れ草にライターで火をつけ山林を燃やそうとした疑いで、容疑を認めているという。
周辺では、5月から同じような不審火が5件発生していて、これらについても放火魔・太田一磨が「ストレス発散のためにやった」などと関与を認める供述をしていることから、警察が裏付け捜査を進めている。
 


菅野泉 逮捕 殺人未遂

26日正午頃、岩手県奥州市の民家で、63歳の菅野泉が兄を刃物で突き刺す事件があった。
警察は、菅野泉を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕し、動機などを調べている。
殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、奥州市江刺広瀬の無職・菅野泉容疑者(63)。
菅野泉は、26日午前11時50分頃、自宅で同居する兄(66)の背中を刃物で突き刺し、殺害しようとした疑いが持たれている。
警察などによると、近くに住む人から「刃物で刺されている」と消防に通報があり、菅野泉は現場に駆けつけた警察官に現行犯逮捕された。
警察の調べに対し、菅野泉は容疑を認めているという。
菅野泉の兄は背中を1か所刺されていて、病院に搬送されたが、意識はあるという。
菅野泉は兄と母と3人で暮らしていて、警察は、兄との間のトラブルの有無などを含め、犯行の動機を調べている。
 


金孝尚(通名・金光孝治)逮捕 在日韓国人 5回目の逮捕

東京電力福島第1原発事故の賠償金を巡る詐欺事件で、郡山署などは24日、詐欺の疑いで須賀川市北山寺町、建設会社社員吉田浩二(64)、郡山市桑野5丁目、韓国籍の会社役員・金孝尚(通名・金光孝治)(62)=詐欺罪で起訴=、本籍東京都荒川区、無職村田博志(60)の3容疑者を再逮捕した。
金孝尚(通名・金光孝治)らの逮捕容疑は共謀して2012年10月~13年11月に計3回、原発事故の風評被害で営業損害を受けたとして、事故前の売り上げを水増しした虚偽の請求書を東電に提出、賠償金計6900万円をだまし取った疑い。
金孝尚(通名・金光孝治)ら3人は12年4月にも東電から賠償金4500万円をだまし取った疑いで逮捕され、詐取金は計1億円超とみられる。
金孝尚(通名・金光孝治)、村田博志二両容疑者は東電からの賠償金6億3000万円の詐取容疑も含め5回目の逮捕、吉田浩二容疑者は2回目。