水曜日, 2 of 12月 of 2020

纏足(てんそく)

ebe124e6848c0dc5917efd5c91e0d7c7-625x458

遣唐使

 

 古代の日本は 当時の中国から

  多くの文化を学びましたが

 纏足と宦官の習慣は 無視しました

  ((((;゚д゚))))

 

女児の足を縛って、人為的にその発達を抑える中華民族特有の風習「纏足(てんそく)」。

女性の性的魅力を高めるとして、20世紀中頃までおこなわれていた習慣だが、今、「最後の纏足世代」が急速に姿を消しつつある。

高齢となった彼女たちが、自らの生涯と纏足について語り始めた。

中国では一般に「小脚(シァオジァオ)」とも呼ばれる纏足は、幼女の足首から先を布できつく縛って足の成長を阻害し、故意に小さく変形させる奇習だ。

纏足をされた女性は、生涯にわたり歩行困難を強いられる。

纏足するには、女児が4~5歳になると長さ約3mの帯状綿布で両足の足首から先をそれぞれきつく縛り、発育を故意に抑える。

施術中の女児は高熱を発するため、纏足は秋におこなわれた。

女児は麻酔代わりにアヘンを吸わされた上で寝台に固定され、親指を除く8本の足指を内側に強く折り曲げられ、時には舟状骨や距骨など足の甲の骨を石で砕いた。

その壮絶な痛みと苦しみは、清朝の小説『夜雨秋灯録』(宣鼎・著)で「人間最慘的事,莫如女子纏足聲(人間として生まれて最も悲惨なことは、纏足される女子の絶叫だ)」 と表現されたほどだ。

詳細はここをクリック