土曜日, 28 of 11月 of 2020

バングラデシュで群衆が暴徒化

35260032

▲バングラデシュの首都ダッカで行われた、フランス製品の不買と

フランスのマクロン大統領への抗議を訴えるデモ(10/28撮影)

unnamed

 

イスラム教徒のフランスへの憎しみが激化して、ちょっとしたことで暴徒化する勢いです

一神教の原理主義というのは、伝染病に似たところがあり、しかもコロナより恐ろしいかもしれません

  ((((;゚д゚))))

 

* * * * * * * * * *

 

バングラデシュ北部の町ブリマリ(Burimari)で10/29、コーラン(イスラム教の聖典)を冒涜(ぼうとく)したとされる男性(35)が、群衆にリンチ(私刑)にかけられ、撲殺された。

現地警察によると、モスクでコーランを踏みつけたとされる2人を拘束し、町役場で保護していたが、押し寄せた1000人超の群衆に身柄を奪取された。

1人は撲殺されて路上で遺体を焼かれ、もう1人は負傷したものの、逃げのびた。

警察は騒ぎを収めるためにショットガンで実弾を17発撃ったが、群衆を阻止することはできなかった。

Emmanuel_Macron_in_Tallinn_Digital_Summit._Welcome_dinner_hosted_by_HE_Donald_Tusk._Handshake_36669381364_cropped_2-2

町役場も放火されたという。

イスラム教徒が多数を占める国々では、フランスのエマニュエル・マクロン大統領(→)の発言への反発から、抗議デモが相次いで発生している。

バングラデシュの首都ダッカと港湾都市チッタゴンでは今週、反フランスデモが行われ、数万人が参加した。

10/30の金曜礼拝後にも、さらなるデモが予定されている。

 

35260031

35260030

 

35260035

35260036

35260037