木曜日, 3 of 12月 of 2020

殺人都市 川崎

3055848_lJxBseefb9qc-zySySve_NNWd-ptL2Ilp8fvq3eICGY

taiho

▲ラゾーナ川崎プラザ

 

 川崎というとあの事件を思い出してしまいますが

  実際の犯罪件数は、それほど多くないんですね

 (^_^;)

 

i-img1200x1200-1597271031brxcgy1259845

5月に刊行された衝撃的タイトルのミステリー「殺人都市川崎」が、神奈川県内で話題だ。

舞台は、すさみきった底辺の街として描かれた川崎市。

出版前に不幸に見舞われた地元出身の著者の、生前の率直な“川崎いじり”がじわじわと読者の心をつかんでいるようだ。

作品では、市内の少年少女が20年前の未解決殺人事件を知る。

事件の生き残りや、犯人とされる“伝説の殺人鬼”に肉薄する中、新たな殺人が次々に起きる――。

川崎大師や複合商業施設「ラ・チッタデッラ」、ラゾーナ川崎プラザなど実在の場所が臨場感を出す。

実は、人口1000人あたりの川崎市の刑法犯認知件数は、全国20政令市で横浜市(4・7件)に次いで2番目に低い5・0件。

1位の大阪市(16・5件)の3分の1以下だ。

それでも、埼玉県をおちょくってヒットした映画「翔(と)んで埼玉」を思わせる川崎へのネガティブな扱いは容赦ない。

<川崎はハロウィンが盛んだ。地獄みたいに治安が悪いから、

 自虐的に化け物の格好をしたがるんだろう>

と主人公の少年。

川崎区から武蔵小杉エリアのマンションに越したヒロインの母が、

<あんな治安の悪い街、引っ越して正解!>

<川崎のことは忘れなさい。それがあなたのためなの>

と言い聞かせる――。

著者の浦賀和宏さんは1998年に19歳でデビュー。

2001年の「彼女は存在しない」がベストセラーになるなど独自の世界観で根強いファンを持つが、今年2月、脳出血のため41歳で亡くなった

本作は推敲(すいこう)の段階だった。

浦賀さんを20年以上担当してきた角川春樹事務所の編集者・永島賞二さん(55)は当初出版をためらったが、ファンからの「もっと読みたかった」との声を知り「遺作を届けたい」との思いに至った。

浦賀さんの母親も同意し、5月15日にハルキ文庫から刊行した。

コロナ禍で一時休業していた丸善ラゾーナ川崎店(幸区)は、営業を再開した5月29日からの1週間の文庫本売り上げで1位に。

コロナ禍で注目されたフランスの古典小説「ペスト」を2位に抑えての快挙に、同店の店員(38)は

「コロナ禍だからこそ、エンターテインメントが求められていると気付かされた。

 川崎いじりも、オブラートに包んだら嫌みだが、直接的なのでジョークになる」

と語る。

有隣堂アトレ川崎店でも現在まで毎月2桁の数が売れているという。

永島さんは、浦賀さんに本作の構想を明かされた際、市民の怒りを懸念したという。

だが市内などの書店に聞くと、「面白い」「地元出身、在住だった浦賀さんの作品ならでは」と存外に好評だった。

同事務所営業部の真壁徹さんも「川崎の書店員さんたちが前のめりになってくれたのがうれしい。地元を盛り上げたいという思いを感じた」と喜ぶ。

永島さんは「どこに仕掛けが隠れているかわからないのが浦賀作品の魅力。生前、ネタバレを何より気にしていたので詳しく語れないが、ぜひ地元の人たちにも楽しんでもらいたい」と力を込める。