土曜日, 26 of 9月 of 2020

北川景子と二人の男

20200630s00041000440000p_view

space_uchusen_sentouki

 

 三菱重工の幹部だという北川景子の父親

  調べれば顔も名前もすぐ分かるはずなのに

 一切報道されないのがスゴい  (^_^;)

 

間もなく母親になる北川景子(33)には、去就が注目される2人の「男」がいる。

名門企業の幹部である父と夫・DAIGO(42)である。

とりわけ厄年を迎えたDAIGOにとって、祖父の地盤から聞こえてくるのは、あの「声」なのだ。

北川景子の父親が三菱重工の幹部であることが報じられたのは2年前。

当時は防衛・宇宙セグメントのNo.2という立場にあったが、昨年4月、「艦艇・特殊機械事業部長」という新ポストに就任、「役員 シニアフェロー」という肩書も付いた。

「北川さんが部長を務めているのは、昨年度に新設された部署です。

 海上自衛隊の新型護衛艦(FFM)の建造を始めており、

 最終的には20艇以上を造る計画です」(三菱重工の関係者)

順当に行けば、次はセグメント長になると見られているのだが、気になるのは、その「先」である。

「三菱重工は大きく分けて原子力・造船などの産業部門、

 そして自衛隊関連の防衛部門から成ります。

 しかし、防衛部門は売り上げが、国の予算から出ており、

 そこからトップを出すことを避けてきました」

 (経済ジャーナリストの小宮和行氏)

一方で、最近は事情が変わってきているとも。

花形部門だった原子力はパッとせず、三菱スペースジェットの開発もうまくいっていないからだ。

「北川さんがセグメント長になると、次期戦闘機の開発を担うことになる。

 トータルで数兆円のプロジェクトですから、

 社内的にも責任の重い立場になります」(三菱重工の関係者)

娘の北川景子も同社のCMに出演。

親子ともども注目されているわけだが、娘婿・DAIGOに対する永田町の期待も冷めてはいない。

dms1306190710003-n1

知られているように、DAIGOの祖父は元総理の竹下登(→)。

そして大叔父は、元自民党総務会長の竹下亘代議士である。

その亘氏も73歳。

昨年1月には食道がんであることを公表し、現在も治療中の身である。

亘氏の2人の息子に後を継ぐ意思はなく、本家の酒蔵「竹下本店」の息子たちにも、その気はないという。

それだけに、注目はDAIGOに集まっており、事実、昨年2月に営まれた堺屋太一氏の葬儀・告別式では、講談社の元編集者が、

「(堺屋さんは)タレントのDAIGOさんを

 政治家にしたいと常々仰っていた」

と明かす一幕も。

DAIGO本人も、竹下家の墓参りで島根を何度か訪れており、期待は感じているはずだ。

竹下家の関係者に聞くと、

「以前は、後援会の方とか県議の方が酔っ払っているときに

 そんな話が出たかも知れません。

 でも、最近は後継者のことになると

 冗談でもDAIGOさんには触れなくなりました。

 まあ、確かに彼の知名度はすごいですけどね……」

言わばそれだけ微妙な時期なのである。

とまれ、三菱重工の役員人事と、竹下ファミリーの後継者が決まるのは、それほど先のことではない。

graphic_1