月曜日, 23 of 11月 of 2020

読書 真夜中の裏文化

村上 真夜中の裏文化 最後の夜這奴 _01

夜這いに興味を持った作家と、若い頃に夜這いをしたことのある男の、手紙の交換という体裁で書かれている

冬には雪が3メートルも積もり、零下25度にもなるという山深い村の夜這いの体験が、淡々と述べられる

夜這いにもルールがあり

 結婚が決まった娘には夜這いしない

 まったく初対面の娘には夜這いしない

 娘に断られたらすぐに帰る

などが守られていたそうだ

昭和30年代まで、日本の多くの田舎に残っていた夜這いと言う風習が、特に禁止された訳でもないのに、いつの間にか消えてしまったのはなぜだろう?

(^_^;)