日曜日, 29 of 11月 of 2020

読書 「空気」の研究

img_6dc6dc7596e4646eb893c3d1d1ee938422545

世間主義文化が陥り易い「空気」という化け物

まず第二次大戦における日本政府首脳部の意思決定を取り上げ、合理的な立場からはとうてい考えられない愚かな結論に至るプロセスを分析する

なんであんな馬鹿な事を決めたのか?と後から問われた一人は「当時の空気では、そうする他なかった」と答え、「あの時の空気を知らない者の批判など、聞く耳を持たない」と開き直った

「空気」によって第二次大戦に突入し、300万人以上の日本人が死んだ

この「空気」を打ち破るには「水」が特効薬で、何かの空気が場を支配しそうになったら「水を差す」と良いという

空気と水という、人間の生存に不可欠な二つが、日本人の運命を影から支配している

空気に水を差した者に対して、空気に支配された周囲からは、厳しい批判や罰が与えられる場合も多い

「王様は裸だ!」と叫んだ子供は、子供だから助かったが、大人だったらその場で殺されていたかもしれない

いま、中国コロナ騒動で、再び非常事態宣言を出すべし、という空気が醸成されつつあるようにも見える

300_bit201603221700138792

マスコミは連日のように感染者数を報道し(なぜか死者数を報道せず)、「空気」を醸成しようと必死になっている

旅行業界や飲食業界は追い詰められて、今まさに玉砕しようとしている

非常事態宣言など狂気の沙汰だと言って、水を差しているホリエモン(→)には、バッシングも起きている

((((;゚д゚))))