月曜日, 19 of 10月 of 2020

読書 物語ドイツの歴史

418TW35ZNXL

 

ドイツ人って、なんか変だなぁという素朴な疑問に答えてくれそうな本

謹厳実直でクソマジメ

機械に強い

カルトにハマリやすい

ユダヤ人を目のカタキにする

魔女狩りが最も広く行われた

フランスとは敵対するがイタリア人とは仲が良い

壮大な哲学体系をつくる

クラシック音楽の天才たちを輩出

世界戦争で負け組になることが多い

表面的には日本人と似ているところもあるが、よく見るとまるで違っている

その背景には、

ゲルマン部族社会の伝統

フランク帝国や神聖ローマ帝国の歴史

国家統一の遅れ

三十年戦争における農民の悲惨

zange_man

などがあるし、さらに、

大宇宙と小宇宙という二重の世界観

プロテスタントの禁欲主義

教会による懺悔(罪の告白、→)の強制

「協会」という教養理念の培養基

などが浮かんでくる

現在、EUを実質的に支配して「第4帝国」を目指しているようにも見え、アメリカとはソリが合わず、中国には妙な親近性を持っている

まあ変わっていると言えば、イギリス人やフランス人、アメリカ人だって相当に変わっているし、日本人だって余り人のことは言えないんだけどね

「物語」とあるように、ストーリー性をもって語られていて、非常に読みやすい

(^_^;)