水曜日, 5 of 8月 of 2020

タイのニューハーフ

chohei20200723

▲徴兵検査会場に現れたルークメンさん(22歳)

手にしているのは、不合格証明書?

Flat design Bangkok landmarks illustration vector

 

 タイ王国の軍隊は

  世界一弱い

 として有名です  (^_^;)

 

タイ王国は徴兵制度がある国で、21歳以上の男性には2年間の兵役義務があります。

しかし全員が兵役につくわけでなく、希望者と、くじ引きに“当たった”者のみ兵役につくことになります。

例年であれば4月に行われる徴兵検査ですが、2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で時期が変更。

ようやく7月23日から各地で徴兵検査がスタートしました。

タイのメディアは、くじ引きに「当たった!外れた!」と一喜一憂する男性の姿を撮影することを目的に徴兵会場に足を運びます。

もう一つの大きな目的は徴兵検査で不合格になったニューハーフの姿を捉えること。

毎年、「徴兵検査でこんな美女が不合格になった!」という話題がニュースを賑わすのです。

タイの徴兵制度では、健康診断で病気や肥満や体の欠損が確認されると不合格、つまり兵役免除となります。

さらにニューハーフも兵役に不向きとしての不合格。

時には不合格になるために、ニューハーフに化けて徴兵検査に現れる不届き者も現れるのだとか。

そんな訳で、注目の中でスタートした2020年徴兵検査に、早くもナンバーワン級のニューハーフ美女が現れたと話題です。

それがタイ北部ピサヌローク県の徴兵検査会場に現れたルークメンさん(22歳)。

ルークメンさんはその美貌で、プレー県でのニューハーフコンテストで最優秀賞を受賞したこともあるのだとか。