火曜日, 27 of 10月 of 2020

読書 異端審問

419AQP7S77L._SX285_BO1,204,203,200_

異端審問と魔女狩りは、火あぶりの刑などの残酷さでは似ているが、時期やエリアが違うだけでなく、何かが根本的に違う

魔女狩りは集団ヒステリーのような、一種の熱狂や恐怖心の中で遂行されていたように見える

異端審問は、カトリック教会の中の公式制度として、非常に冷静に、専門家(異端審問官)集団によって、粛々と遂行された

異端審問も初期のうちは、熱狂的なカトリック信者が情熱的に推進したが、徐々に教会の中で制度化が進み、やがて審問のためのがっちりした官僚組織が出来上がり、実務的なマニュアル類が整っていく

その審問マニュアルの精緻さには、この道一筋のプロ(異端審問のプロ!)の持つ職業倫理や執念のようなものも感じられる

およそ宗教とかイデオロギーの世界では、正統と異端の問題は避けて通れないのだが、異端審問には、ヨーロッパ的な厳格さが存分に表出しているように感じる

アジア的エーカゲンな世界は、経済の発展にはマイナス要素となるかもしれないが、少なくともアジア人の一人である私には、比較的居心地の良い世界に感じる

日本人の宗教的エーカゲンさは、さらに特別だけどね

(^_^;)