火曜日, 1 of 12月 of 2020

韓国 コロナ第2波襲来

1000x-1

picture_pc_a6cbcf2e900cb532a1dd5f665c29e3dc

 

 日本は中国コロナをほぼ抑え込みましたが

  韓国はまだ中国コロナで汚染されているようです

 当面の間は 韓国から日本への入国禁止を

  継続した方が良さそうです  ((((;゚д゚))))

 

韓国では2月に宗教団体で集団感染が発覚して以降、大規模な検査や徹底した接触者追跡を行い、4月には3日連続で国内での感染者ゼロを記録するに至った。

しかし5月以降、首都ソウルの繁華街などで感染者が再び確認されるようになった。

6/23には過去24時間で新たに17人の中国コロナ感染が報告されており、韓国疾病管理本部(KCDC)は、中国コロナ流行の第2波が来たようだと述べている。

6/22には南部テジョン市で、小規模のクラスター(感染者集団)が発見されたことを受け、美術館や図書館といった公共施設での集会が禁じられた。

ソウル市長も、向こう3日間で感染者が30人を超えたり、病床の占有率が70%を超えた場合は、他者との距離を取る施策を厳格化すると警告している。

韓国はこれまで、全国的なロックダウンを避ける代わりに、ドライブスルーを利用した大規模な検査の実施や、徹底した接触者追跡システムと隔離施策などで流行に対処してきた。

全体での感染者は約1万2000人、死者は280人にとどまっている。

6/23時点での国内の患者は1277人という。