日曜日, 27 of 9月 of 2020

最後の香港総督パッテン

fa5dd5b4

3d illustration of national flag with background texture

 

 冷戦はとっくに始まっています

  いま心配なのは 熱戦が始まること  ((((;゚д゚))))

 

イギリス統治時代最後の香港総督、クリス・パッテンは5/30、習近平は共産党の置かれた立場に非常に神経質になっているとし、そのために新たな冷戦を引き起こすリスクを冒し、国際金融ハブとしての香港の地位を危うくしていると語った。

パッテンは、習近平の「卑しい弾圧」によって、外国からの資金を中国本土へ大量に送り込んでいる香港から、資本と人々が流出する恐れがあると指摘。

西側諸国は習近平に対する甘い認識を捨てるべきだと述べた。

習近平自身は、新たな冷戦を望んでいる

と、パッテンは述べた。

パッテンは習近平について、中国国内での共産党の立場に「神経質」になった哀れな独裁者を演じていると指摘。

中国コロナウイルスへの初期対応を批判され、米国との通商問題で経済的に影響を受けたためとした。

「習近平がナショナリズムをあおっている理由の1つは、

 中国国内で、共産党の立場(が弱まること)を

 中国政府の中で、誰よりも心配しているからだ」

と語った。

 

5513_l

53ddf3f0

 

 中国共産党は過去に

  数千万人を虐殺してますから

 700万人(香港の全人口)くらい

  虐殺するのは朝飯前  ((((;゚д゚))))

 

OBJET-0021-768x491

香港には領土紛争の種が無いので、着火点になるだけ

本当に危険な軍事リスクは、上の4エリア

中国が暴走すれば、4点同時もアリかも  ((((;゚д゚))))

 

医療リスク(パンデミック)

  ▼

経済リスク(世界大恐慌) 

  ▼            ←今ここ

軍事リスク(第三次世界大戦)

  ▼

人類滅亡?