木曜日, 1 of 10月 of 2020

トランプに忍び寄る中国コロナ

20200509-062918-1-0000_l

7504832

 

 いまトランプ大統領が

  中国コロナウイルスで急死したら

 第三次世界大戦の軍事リスクは

  一気に高まりそうです  ((((;゚д゚))))

 

医療リスク→経済リスク→軍事リスク→人類滅亡?

▲今ここ   

 

アメリカのペンス副大統領の報道官を務めるケイティ・ミラー報道官が中国コロナウイルスに感染したことがわかりました。

8日に中国コロナ陽性反応が出たということです。

ホワイトハウスでは、大統領の身の回りの世話をするスタッフにも中国コロナ感染者が出たばかりでした。

ホワイトハウスは、「最近、大統領とは接触していない」と説明していますが、副大統領との接触については明らかにしていません。

ただ、副大統領のスタッフには多くの濃厚接触者がいたとみられ、この日、出張に向かった副大統領の専用機からは、搭乗済みだった6人が、急遽降ろされ出発が1時間以上遅れる場面もありました。

中国コロナ感染が確認されたミラー報道官の夫は、トランプ大統領のスピーチライターを務める側近でもあります。

ホワイトハウス内では、トランプ大統領の身の回りの世話をするスタッフの中国コロナ感染が7日に確認され、大統領と副大統領は、中国コロナ検査を毎日受ける方針を決めたばかりでした。