木曜日, 1 of 10月 of 2020

ビタミンD不足説

149259

basic-correlation-coefficient-and-scatter-plot-01

 

 BCG説など いろいろな説が飛び交ってます

   相関関係がある → 因果関係がある

 と断定するのは 良くある間違いです  (^_^;)

 

一部諸国でコロナウイルスによる死亡率が高い理由として、ビタミンD不足と関連づける説をクイーンエリザベス病院およびイースト・アングリア大学の研究者らが掲げている。

この研究成果が「リサーチ・スクエア」誌に掲載された。

研究グループは欧州20カ国の平均ビタミン値をCOVID-19による死亡統計と比較した。

結果、これら数値には相関関係があり、ビタミンDが不足する国では死亡率が高いことが明らかになった。

特にビタミンD値が低いのはスペイン、イタリア、スイスで、COVID-19の死亡率が高い国との一致がみられる。

またビタミンD不足が顕著なのは高齢者であった。