土曜日, 24 of 10月 of 2020

切なくて悲しい映画

Filmarksのレビューで「悲しい」というキーワードが多く使われている映画10本を厳選!

『ライフ・イズ・ビューティフル』から『怒り』まで。

切なくて悲しい人気の映画作品ベスト10

『ライフ・イズ・ビューティフル』(1997)監督・ロベルト・ベニーニ
『ラ・ラ・ランド』(2016)監督・デイミアン・チャゼル
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(2014)監督・モルテン・ティルドゥム
『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(2000)監督・ラース・フォン・トリアー
『怒り』(2016)監督・李相日
『A.I』(2001)監督・スティーヴン・スピルバーグ
『ミリオンダラー・ベイビー』(2004)監督・クリント・イーストウッド
『グリーンマイル』(1994)監督・フランク・ダラボン
『シザーハンズ』(1990)監督・ティム・バートン
『ウォーク・トゥ・リメンバー』(2002)監督・アダム・シャンクマン

イミテーション・ゲームは、先日見ました (^_^;)