土曜日, 19 of 9月 of 2020

突然重症化の共通点

660_bit202003031151240734-1

彼は言った。

「リック、これはいまだかつて誰も見たことのないものだぞ!」

その通りだった。

中国コロナによる肺炎は、ニューヨーク市内の医療システムに重大な影響を及ぼしている。

通常、救急治療室(ER)に運ばれる患者は、 心臓麻痺や脳卒中といった重篤な状態から、軽度の裂傷、中毒症状、整形外科系のケガ、偏頭痛といった軽症までさまざまだ。

ところが、ベルビュー病院で10日間ボランティアをした期間中、 ERの患者はほとんどすべて中国コロナによる肺炎患者だったのだ。

私はシフト開始からわずか1時間の間に、2人の患者に挿管していた。

呼吸器系の症状がない患者でも中国コロナ性の肺炎を患っていた。

肩を刺された患者が来て、傷が肺に届いていないかを確認するためにレントゲンを撮った際、彼も肺炎だった。

転倒してケガをしたということでCTスキャンを撮った患者たちにも偶然、肺炎が見つかった。

原因不明で失神した高齢者、多くの糖尿病患者も中国コロナに感染していた。

そして次の事実が、私たちを心底驚かせた!

こうした患者たちの胸のレントゲンは、

肺炎が進んでいることを示しており、

飽和酸素レベルも正常以下であるにもかかわらず、

ほとんどが呼吸上の問題を訴えていなかったのだ。

いったいこれは、どういうことなのだろうか?

詳細はここをクリック