金曜日, 10 of 7月 of 2020

訃報 ジャッキー吉川


大ヒット曲「ブルー・シャトウ」で知られるグループサウンズ「ジャッキー吉川とブルー・コメッツ」のリーダーを務めたジャッキー吉川(じゃっきー・よしかわ、本名・板岡公一=いたおか・こういち)さんが群馬県内の自宅で死去したことが21日、所属事務所への取材で分かった。

81歳。東京都出身。葬儀・告別式の日取り、喪主は未定。

事務所によると、関係者が20日午後、自宅で亡くなっている吉川さんを発見した。

昭和36年にブルー・コメッツにドラマーとして加入。

42年に「ブルー・シャトウ」で日本レコード大賞を受賞した。

41年から3年連続でNHK紅白歌合戦に出場を果たし、グループサウンズ黄金期の一翼を担った。

他の代表曲に「青い瞳」「青い渚」など。米国の人気番組「エド・サリバン・ショー」にも出演した。