木曜日, 24 of 9月 of 2020

S型コロナ免疫説

img_24e6f28c340ed5038439f77a9162866a392363

medical_yobou_chuusya

 

 死亡率が3ケタも違うと

  何か要因があるだろうと考えます

 BCG説の次は S型免疫説  (^_^;)

 

世界中で130万人以上が感染し、10万人以上の死者が出ている新型コロナウイルス(4月10日現在)。

世界の研究者が驚くのが、日本の死亡率の低さ。

3月末時点で、人口1000万人あたりの日本の死者数は4人

一方でイタリアは1779人、スペインは1564人と、3ケタも異なる。

医療ジャーナリストの鳥集徹(とりだまり・とおる)さんが説明する。

「原因については諸外国も関心を持っていますが、現状では日本はウイルス感染の有無を調べるPCR検査数が絞られているため、感染数や死亡数が過小評価されているとの指摘もある。

 あまり他人と直接的に接触しない、大声でしゃべらないといった行動様式や、マスクや手洗いなどの習慣が日本における感染拡大を防いでいる可能性も考えられます」

また、日本におけるBCG接種率の高さが重症化を抑えている可能性を指摘する声もある。

さらに注目されるのが「日本人は新型コロナの免疫を持っている」という新仮説だ。

新型コロナにはS型と感染力の強いL型があり、京都大学大学院医学研究科・医学部特定教授の上久保靖彦さんらは論文で

「S型がL型よりも早く中国から伝播し、部分的な抵抗力を与えた」

と発表した。

「昨年末まで日本はインフルエンザが史上最高ペースで流行していましたが、今年になってから急速に流行がストップしました。

 その理由を、論文では昨年末から日本にS型が流入して、インフルエンザ感染を阻害している可能性を示唆しました。

 昨年11月から今年の1月まで中国人観光客は184万人入国していたため、S型がすでに日本の一部で“蔓延”していたということです。

 そのため、L型にも部分的な集団免疫を付与しているという内容でした」(医療ジャーナリスト)

諸外国が驚く「日本の奇跡」を維持するには、自らのリスクを正しく知り、対策を進めることが肝要だ。