水曜日, 27 of 5月 of 2020

中国コロナ 収拾まで2年?

reuter_20200316_113345-thumb-720xauto-188647

saigai_mochidashi_bag_kakunin

 

 思っていた以上に長引きそうなので

  自宅の食糧備蓄を増やしました  (^_^;)

 

3月17日、ドイツ保健省のロベルト・コッホ研究所(RKI)は、同国における新型コロナウイルスの危険度を中から高に引き上げた。

増え続ける感染者・死者数と、既存の医療機関での対応能力に陰りが出てきたためだ。

パンデミック収拾まで2年を要する可能性もあると予想され、そのため「極端な場合」には現在導入されている各種制限の一部が同期間続くこともありうると示唆した。

また同日、EU首脳陣はEU圏外から圏内への移動を30日間禁止することに合意した。

EU市民はこれに該当しない。

ドイツのハイコ・マース外務大臣はドイツ人の本国送還に5千万ユーロを費やすと発表した。

ドイツの感染者は8200名以上、死者は26名になる。

ドイツでは16日からほとんどの州で、学校や幼稚園がイースター休暇終了の4月19日まで、5週間閉鎖となっている。

それ以前に自主閉鎖を発表した施設もあるが、17日からは美術館、映画館、スポーツ施設、コンサートホール、クラブ、バー、動物園、公衆浴場、観光施設などが営業停止、さらに公園など子供の遊び場も使用禁止になった。各種イベントも禁止される。

18日からは飲食店の営業時間を午前6時から午後3時までに制限。

テーブルの間隔は最低1.5メートル以上確保し、かつ入店は最大30人までという条件付きだ。

3時以降は、テイクアウトもしくは配達のみ可能となる。

スーパーや薬局、ガソリンスタンドや銀行など、生活必需品やサービスを扱う施設は営業可能だが、平日は午後10時まで、またふだんは営業禁止の日曜も12時から6時までオープンと、逆に営業時間が延びている。

必要な物資にいつでもアクセスできるようにとのことだが、営業時間を伸ばすことによって客の集中を分散させることもできるだろう。