木曜日, 1 of 10月 of 2020

武漢ウイルス・ミステリー

reuter_20200215_125130-thumb-720xauto-184566

download

 

武漢ウイルスの国別感染者数です

 以下に感じたことをまとめてみました  (^_^;)

1)武漢の葬儀場現場などから伝わって来る情報から、中国の感染者数6万人余の数字は、まったく信用出来ない。これはむしろ死者数であり、感染者数の実態は少なくとも、この数十倍と思われる

2)それにしては、中国以外の感染者数が比較的少ないのはなぜか? やはり「中国四千年の不潔」で、中国の生活環境や食習慣の極端な不潔さに原因があるのか?

3)中国人が春節休暇で、日本を含むアジア諸国に大量に海外旅行で訪れたので、それら諸国の感染者が多いのは当然。むしろ、それにしては今のところ非常に少ないと感じる。

4)不潔な生活環境なら、インドも負けていないのだが、意外に感染者数は少ない(3人)のはなぜか? やはり検査体制の不備で把握できていないのか?

5)そもそも、武漢ウイルスの感染者を正しく検査して発見できる体制を整えている国は、日本など少数の先進国だけであって、感染者がいても把握できない発展途上国が多い

6)米国でさえ、今季のインフルエンザによる死亡者が1万人を超えているが、その中にどれほど武漢ウイルスによる死者が混じっているか、まったく把握できていない

7)ダイヤモンドプリンセスだけが、なぜこれほど大量に感染したのか?

8)エジプトに1人発生している。生活環境の不潔さでは、中国やインドに近いアフリカで感染者が出たことの意味は大きい。エボラ熱の再来が危惧される

 


 

【2020年2月15日 夜時点での感染者数まとめ】

・中国:6万6496人

・ダイヤモンドプリンセス:218人
・シンガポール:67人
・香港:56人

・タイ:33人
・日本:29人
・韓国:28人

・マレーシア:19人
・台湾:18人
・ドイツ:16人
・ベトナム:16人
・オーストラリア:15人

・米国:15人
・フランス:11人
・マカオ:10人
・英国:9人
・UAE:8人
・カナダ:7人

・イタリア:3人
・フィリピン:3人
・インド:3人

・ロシア:2人
・スペイン:2人
・ネパール:1人

・カンボジア:1人
・ベルギー:1人
・フィンランド:1人
・スウェーデン:1人
・エジプト:1人
・スリランカ:1人

※Johns Hopkins Universityより