土曜日, 26 of 9月 of 2020

槇原敬之と坂本龍一

OBJET-001

20年前の槇原敬之逮捕の時は、彼のCDは回収され、一応の謹慎はあったが、わずか4ヶ月で音楽活動に復帰している。

「実はその時の復帰には、ミュージシャンの坂本龍一の後押しがあったんです。

 坂本龍一は『アメリカでは考えられないこと』と回収や謹慎を否定するような持論を述べ、自らの年末のクリスマス・コンサートに槇原敬之をサプライズ出演させた。

 そんなこともあって、槇原敬之自身も世間からの批判には耳を傾けなかった部分があったと思います。

 逮捕から1年後にはオリジナル・アルバムまで発売しました」(当時を知る音楽関係者)

その後、SMAPに提供した「世界に一つだけの花」の大ヒットなどもあって、犯罪を犯しても「才能と実力さえあればミュージシャンは結果オーライ」という妙な〝実績〟を作り上げてしまった。

「おそらく、槇原敬之は自分の才能や能力さえあれば何をやってもすぐに復帰できる、許されるという、それこそ世間を舐めきった考え方があったのでしょう。

 よくも悪くも、ファンは応援してくれるという甘えというか、奢った考えを槇原敬之は20年前に学んだのだと思う。

 だとしたら、あの時に少なくとも犯罪を憎まず、逆に擁護し、槇原の背中を押したことは事実です。

 つまり坂本龍一にも道義的な責任があるはずです。

 そういった意味でも今回は坂本龍一に対しても猛省を促したいですね」