水曜日, 23 of 9月 of 2020

三菱電機 中国からサイバー攻撃

images

computer_hacker_black_syuudan

 
 情報セキュリティは
  国家や企業にとって
 最重要テーマになりました  (;´Д`)
 

大手電機メーカー「三菱電機」(東京)は20日、同社のパソコンがサイバー攻撃を受け、企業機密や個人情報が外部流出した可能性があると発表した。

関係者によると、三菱電機は中国人ハッカー集団から大規模な攻撃を受けたとみられる。

発表によると、昨年6月28日、三菱電機社内のパソコンがウイルスに感染していたことが判明。

三菱電機社内調査の結果、防衛、電力、鉄道などの社会インフラに関する機微な情報、機密性の高い技術情報、取引先に関わる重要な情報については流出していないことを確認したという。

三菱電機は「お客様に多大なるご心配とご迷惑をおかけした」とコメントした。

三菱電機は企業機密の内容について公表していないが、関係者によると、流出した可能性があるのは、執行役会議の資料や研究部門で共有された週報などで、防衛省、宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)の受注情報などが含まれていたという。

日本政府の菅官房長官は20日午前の閣議後記者会見で、三菱電機が外部からサイバー攻撃を受けたことについて、防衛装備品や電力関係などの機微情報の流出はなかったとした。

三菱電機から報告があったという。

菅官房長官は会見で、採用応募者や社員の個人情報、技術関連情報などが流出した可能性があると明らかにし、「政府としても経済産業省、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)を中心に引き続き注視していきたい」と述べた。

 


Leave a comment