木曜日, 1 of 10月 of 2020

京(けい)シャットダウン

index_4-188
chuka_chef
 
 サイエンスについて 何も分かってない
  白痴のような中国人女が アホなこと言って
 大騒ぎになったことがありましたね  (^_^;)
 
理化学研究所は30日、運用を終えたスーパーコンピューター「京(けい)」(神戸市)の電源を落とし、シャットダウンした。
スーパーコンピューター「京」の計算機室で開かれた記念式典には、研究者や自治体関係者ら約180人が参加。
理研の松本紘(ひろし)理事長らがスイッチを切り、約7年の歴史に幕を下ろした。
スーパーコンピューター「京」は開発中の2009年、

「2位じゃ駄目なんでしょうか?」

と参院議員の中国人・蓮舫から追及されて予算が削られそうになり、大騒ぎになった。
それにもめげず、11年には計算速度で世界一を達成し、日本の科学技術の強力なインフラとなった。
翌年本格稼働した。
44570d60b90d8766b02a8f6f4dcfa10b_m
1秒間に1京回(京は1兆の1万倍)の性能を国内外の研究者らに活用されたが、ほかのスパコンの開発が進み、計算速度は国内でも3位、世界で20位に後退していた。
理研は今後「京」を撤去し、跡地に約100倍の性能を持つ後継機「富岳」を設置する。
21年ごろの運用開始を目指す。
松本理事長は

「京はライフサイエンスや防災で大きな成果を上げた。

 富岳はすでに国内外からの期待が高い。

 思いに応えるため、全力を尽くしたい」

と話した。
 


Leave a comment