土曜日, 28 of 11月 of 2020

みちのく潮風トレイル

01
catwalk
 
 これは歩きでがありそうです  (^_^;)
 
190601news4-thumb-300xauto-35480
東日本大震災で被災した東北の太平洋沿岸部を歩いて、復興を支援する環境省のプロジェクト「みちのく潮風トレイル」(青森県八戸市―福島県相馬市)の全ルート(全長1000キロ)が6月9日、開通する。
「潮風トレイル」は震災後の2011(平成23)年6月に環境省が構想に着手。
福島県と青森、岩手、宮城の4県28市町村を結ぶ長距離の自然歩道で、13年から順次ルートが公表されてきた。
残る岩手県の「田野畑村―岩泉町」「宮古市―大槌町」、宮城県の「南三陸町―女川町」「石巻市―名取市」の4区間で開通準備が整い、6月9日に宮城県名取市で開かれる記念式典で全線開通が宣言される。
ルートには海の雄大な景観を楽しめる場所が豊富で、険しい山や満潮時には通れないコースも設定。
同省などによると、全区間を歩くには慣れた人でも約2カ月かかるという。
外国人の利用も想定しており、仙台空港を活用した誘客策も検討する。
 
 


Leave a comment