土曜日, 19 of 9月 of 2020

奥村泰裕 逮捕 少女にみだらな行為 白山市の笠間中学校の教諭

34809127
18歳未満の少女にみだらな行為をさせたとして、白山市の笠間中学校の教諭、奥村泰裕が21日、児童福祉法違反の疑いで逮捕された。
逮捕されたのは、白山市の笠間中学校の教諭奥村泰裕容疑者(27)で、
ことし3月、「10代半ばの少女」に、みだらな行為をさせた疑いが持たれている。
警察によると、4月上旬、被害を受けた少女が警察に相談したことから、白山市の笠間中学校の教諭、奥村泰裕の犯行が発覚し、21日、逮捕に至ったという。
白山市の笠間中学校の教諭、奥村泰裕は「間違いない」と容疑を認めており、警察は余罪についても調べる方針だ。
また、勤務先の中学校によると、白山市の笠間中学校の教諭、奥村泰裕は
3年生(まさに10代半ば!)のクラスの担任で、
学校側は「生徒や保護者に説明の上、謝罪したい」としている。
3a8a1c15
 
 ニュースだけでは良く分かりませんが
  「10代半ばの少女」というのが
 自分の教え子かどうかが重要だと思います。
 自分の教え子が相手ならトンデモないことですが
もし、カネ目当てに活動している不良援交少女とかが相手なら
単純に「少女が被害者」と決めつけて良いものかどうか・・・
世の中には、大人をダマしたり脅迫する未成年だって、いますからね  (;´Д`)
 


 
今年3月と4月に、2人の少女にみだらな行為をさせたとして逮捕、起訴された白山市の中学校の教諭に対し、県の教育委員会は6月27日付けで懲戒免職処分としました。
懲戒免職処分となったのは、白山市の市立中学校の教諭、奥村泰裕被告27歳です。
県の教育委員会などによりますと、奥村教諭は今年3月と4月の2回にわたり県内の公共施設で2人の少女に対し、18歳未満と知りながらみだらな行為をさせたなどとして児童福祉法違反などの罪で起訴されました。
県の教育委員会は、25日、奥村教諭から事実関係を確認しましたが、その際奥村教諭は

「取り返しのつかないことをしてしまい、

 被害者、学校、地域に大変申し訳ない」

と話していたということです。
田中新太郎教育長は、

「極めて遺憾であり、深くお詫び申し上げる」

とコメントしたうえで、市や町の教育長や県立学校の校長などに綱紀粛正をはかるよう通知を出しています。

懲戒免職になった ということは

 やはり悪質な事件だったのでしょうか?  (;´Д`)

 


Leave a comment


Comments RSS TrackBack 2 comments