木曜日, 29 of 10月 of 2020

籠城7年

WS000
hqdefault
 
 オウム教祖・麻原彰晃の逮捕を思い出します
  狭いところから無理矢理 引きずり出された
 犯罪者なのですが ある人々にとっては英雄
  というところも似ています  (;´Д`)
 
内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者、ジュリアン・アサンジ容疑者がロンドンで逮捕された。
衝撃を受けたのは、すっかり年を取ったアサンジの風貌(ふうぼう)だ。
長身を警察官に折り曲げられるようにして、7年間滞在したエクアドル大使館から引きずり出されていく。
打ちひしがれ、進退きわまったようなアサンジの表情は、かつて見られた自信や大胆さ――そしてしばしば感じさせた抜け目のなさ――とは程遠い。
まさかこれほど長期にわたり大使館に「籠城」するとは思ってなかっただろう。
大使館内のアサンジの部屋には窓がなく、照明器具を使用して自然光の代わりにしていた。
本人曰く、宇宙船の中で暮らしているようなものだったという。
アサンジの健康や孤独を心配した友人らは、運動器具や子猫をプレゼントした。
パメラ・アンダーソンさんやレディー・ガガさんのような有名人が訪問して大きな話題になることもあったが、大使館の外では警察が24時間体制で監視する状況が続いた。
それが容疑者本人の心身にどれほどの苦痛をもたらしたかは察するに余りある。
BBVTU52

▲宇宙船のような部屋で、子猫と暮らすアサンジ

 

▲見つかって担ぎ出される時「重くてすいません」と言った麻原彰晃

 

詳細はここをクリック

 


Leave a comment