日曜日, 25 of 10月 of 2020

秋篠宮家の内紛

thumb-12180-233069-domesticのコピー
ホールに響き渡るピアノの音色に、姉妹は耳を澄ませていた。
秋篠宮家の次女の佳子さま(24才)は3月24日、サントリーホール(東京・港区)で開かれた「千葉県少年少女オーケストラ」による公演を鑑賞された。
そのお隣で背筋を伸ばして見入っていたのは姉の眞子さま(27才)だ。
「演奏の合間、佳子さまは眞子さまに何度か声をかけられ、一緒にパンフレットをのぞき込まれていました。お2人は時折顔を見合わせてほほえまれ、仲のよいご関係が伝わってきました」(居合わせた人)
その2日前、佳子さまが国際基督教大学(ICU)卒業にあたって公表された文書は、皇室関係者に衝撃をもって受け止められた。
「これほどまでに秋篠宮家の親子が疎遠になってしまっていること、そしてそれを堂々と公表されたことに驚きを隠せません」(宮内庁関係者)
img_299e22a8faa487df6becee1dcb6d91e1296740
佳子さまは秋篠宮ご夫妻については《公的な仕事に関することや、意見を聞いたほうが良いと感じる事柄についてアドバイスを求めることがあります》と明かされた。その一方で、姉の眞子さまとは《日常の出来事をお互いに報告し合ったり、相談事をしたり》されているという。
「そこからわかることは、両親とは仕事など『公的』な会話だけで距離があり、姉とは『私的』な会話もあって親しい間柄だということです。そこまで家族を“線引き”して関係性を示されることは、今までなかったことです。親のアドバイスは“聞いた方がいいと判断したことだけ聞く”という宣言には、佳子さまの強い意志を感じます」(皇室ジャーナリスト)
たとえば、佳子さまの趣味のダンス。学習院時代にはダンスサークルに入ろうとされたが、紀子さまに止められて断念したと報じられた。しかし、最近では複数のメディアにダンス活動を報じられても堂々とされているという。
「ご夫妻は、皇族としての『公』の部分と、プライベートな『私』の部分を分けて考える教育を徹底されてきたそうです。その結果、“公的なアドバイスは聞くけれど、私的な活動について意見を聞く必要はない”という考え方が、佳子さまには根強いのでしょう」(前出・宮内庁関係者)
そうした佳子さまの考え方を象徴するのが、眞子さまの結婚延期についてのお言葉だ。
《結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています。ですので、姉の一個人としての希望がかなう形になってほしいと思っています》
眞子さまの結婚について秋篠宮さまは、現時点では「納采の儀は行えない」と明言された。佳子さまはそれに真っ向から反対される立場を明らかにしたことになる。元宮内庁職員で、皇室ジャーナリストの山下晋司さんが語る。
「たしかに女性皇族にとってご結婚は法的にはプライベートなことです。ただし、結婚後も元皇族として品位を保てるように、1億円を超える一時金が国庫から支出されることは無視できません。秋篠宮殿下が“結婚には国民の祝福が必要”とおっしゃったのは、そうしたことも配慮されたからでしょう」
そこまで《一個人としての希望》を選択されたいのであれば、一時金を辞退して結婚された方がいいのではないか――そう考える皇室関係者は少なくない。
紀子さまは昨年11月、佳子さまの結婚について「話し合いの中で考えを伝えていきたい」と発言され、結婚に介入される姿勢を見せられた。
「今回の佳子さまの文書は、その紀子さまの発言も念頭にあるのでしょう。“趣味や恋愛、結婚など私的なことについてはご両親の言うことは聞かない”と宣言されたに等しい」(前出・宮内庁関係者)
秋篠宮ご夫妻の「公私を分ける教育」が、佳子さまの“奔放宣言”につながっているのであれば、弟である悠仁さまへの心配の声が上がるのも当然だろう。
「いずれ天皇になられる悠仁さまがどのように育っていらっしゃるのかは、国民の大きな関心事です。眞子さまの結婚に臨む姿勢や、佳子さまの今回の“主張”を見る限り、にわかに『愛子さま天皇待望論』が現実味を帯びてもおかしくありません」(前出・皇室ジャーナリスト)
改元発表の4月1日はもう目の前に迫っている。
 


Leave a comment