土曜日, 28 of 11月 of 2020

三好伸一 逮捕 「AUTO CAD」不正コピー

約60万円の製図設計ソフトなどを不正にコピーし、インターネットオークションに格安で出品したとして41歳のアルバイト・三好伸一容疑者(41)が逮捕されました。
被害総額は10億円以上に上るとみられます。
著作権法違反などの疑いで逮捕されたのは、大阪府八尾市の三好伸一です。
警察によりますと、三好伸一はパソコンで建築の設計図などを作成する「AUTO CAD」と呼ばれるソフトなどを不正にコピーし、インターネットオークションに出品して落札者にダウンロードさせた疑いがもたれています。
正規のソフトは約60万円しますが、4000円ほどでオークションに出品されていたということです。
今回、不正にコピーされた「AUTO CAD」というソフト。
一体どんな現場で活用されているのでしょうか。

 「マンションの図面を描いたり、個人住宅の図面を描いたりとか主に使われている。行政関係の仕事とか大規模な設計とかマンションの仕事をしている方は『AUTO CAD』をベースにされている方が多い。実務経験がある方という求人が多い」(A’ワーク創造館 梅山晃佑さん)

 三好容疑者は取り調べに対し、「お金を稼ぎたいと思い販売していた」と容疑を認めているということで、他の製品も含めると、被害総額は10億円以上に上るとみて調べています。
 


Leave a comment