土曜日, 28 of 11月 of 2020

合意なき離脱

wor1903140016-p1
business_sabori
 
 英国の議会って 待合室のベンチみたいですね
  ここで民主主義が 生まれたらしいですけど  (^_^;)
 
英国の欧州連合(EU)からの離脱期日が29日に迫る中、英下院は13日、EUと条件の合意のないまま離脱する方針の是非を問う採決で、不支持を議決した。
「合意なき離脱」に伴う経済や社会の混乱に懸念を示した形だ。
採決は、メイ首相が示したEUとの離脱合意案が下院で12日に否決されたのを受けて実施された。
離脱を巡る先行きは依然見通せないが、離脱が延期される可能性が高まった。
英国では離脱を巡る不透明感から、日産自動車が主力車種の製造計画を撤回するなど、経済への影響がすでに現れ始めている。
「合意なき離脱」となれば、英EU間に関税が復活するなどして物流に重大な支障が生じるのは必至で、産業界が懸念を強めている。


Leave a comment