木曜日, 29 of 10月 of 2020

ヒトラー名言集

1
・最も単純な概念を1000回繰り返してこそ、大衆は初めてその概念を理解することができる。
・宣伝を通じて、天国を地獄と、地獄を天国と人々に思わせることができる。
・多数は常に愚かな代表者であることの他に、卑怯な代表者でもある。
・普通選挙で天才が生まれるというでたらめな話は、いくら激しく非難してもしすぎではない。
・我々にとって、議会は目的ではなく、そのまま目的に至る手段に過ぎない。
2
・大衆の目には、ただ一つの敵に対してのみ、闘争が行われているように示さなければならない。
・宣伝は知識人層に向かうべきか?違う、宣伝は永遠に大衆を狙わなければならない。
・ドイツ主義の確保は、オーストリアの絶滅を前提とする。
・民主主義は、汚物と火から生じた怪物を作り出した。
・失敗するかもしれないという弱い考えを持っていたら、その作戦は確実に失敗する。
3
・大衆の受容能力は非常に限定的で、理解力は小さく、その分、忘却力は大きい。
・会場の雰囲気が演説に影響を与えるように、演説を始める時刻も一定の影響を及ぼす。
・この国は国民から道徳を奪い、立法によって国民に嘘の教育をする。
・もはや、あらゆる武器で自分を守るつもりがない制度は、自分をあきらめていると言える。
4
・この世界のすべての偉大な運動は、偉大な文筆家によってではなく、偉大な演説家によって発展したことを私はよく知っている。
・大衆に理念を伝えることができる扇動家は、常に心理学者でなければならない。
・大衆は弱者を支配するよりも、強者に支配されることを望む。
・国防軍は、政府を守るためではなく、人々の生きる権利を守るために存在する。
・優れた人類の存続の前提となるのは、国家ではなく、その資格を持った民族だ。
5
・天が人間より優れている理由は、人間は人間を買収することができるが、天は決して買収することができないからである。
・我々ドイツ人が再び立ち上がりたいと思うなら、天才的な独裁者が必要だ。
・支配される人が何も考えていないというのは、政府としては幸いなことだ。
・どんな経済政策も刃物なしでは不可能だ。どんな工業化も権力なしでは不可能だ。
・私が正しかったことが、今後、さらに明らかになるだろう。
6
・本能的な部分を呼び覚まし、奮起して扇動することが私に与えられた使命である。
・我々の課題は、独裁者を受け入れる用意が十分にある民衆を独裁者に与えることだ。
・私を信じなさい!ここにはすでに理想、偉大なる理想の力がある。
・国の政治的意思と国民の意思の同質化は完了した。
・ユダヤ人はかつて、私の予言を笑ったが、今では笑うことのできるユダヤ人はいないだろう。
7
・我々は、神が定めた使命を果たすために選ばれた人々である。
・熱狂的な大衆だけが管理可能で、鈍感で感情のない大衆は、共同体にとって最大の脅威だ。
・生活が単純な人ほど信仰を求め、やたらと信仰にしがみつこうとする。
・ドイツ人の皆さん!15年間も続いた不法行為は、まさに今、終末を迎えようとしています!
・我々は、はかない存在だが、ドイツは永遠に存在するだろう。我々はいつか死ぬが、ドイツは永遠に生きなければならない。
・数千万人のドイツ人が国境で分断されていることは、非常に耐え難い。
8
・ドイツのこの地は、今後も決して他国に奪われることはないだろう。
・我々はすでに、外国の植民地となった。可能な限り卑屈な態度を取って、自分自身の名誉を毀損してまで、植民地化を手伝った。
・私有財産と呼ばれるのは、自らの労働によって取得したものだけだ。
・世界史の重大な事件は多数決による成果ではなく、各自の個人的活動が見せた成果だ。
・多数決では何も解決できない。
9
・私は、不可能だという言葉を憎む。それはどの世界でも卑怯な者の免罪符だ。偉大な決断を断行しなかった者の免罪符だ。
・安心しなさい、それは始まる(チャーチルがドイツは、いつ我々に対する攻撃を始めるのかという問いに対して)。
・人が虎を殺そうと、虎が人を殺そうと地球は回っている。強い者が自分の意思を行使する。これが自然の法則なのだ。
・純血であれば、耐えられる場合でも、雑種であれば耐えられない場合が無数に存在する。
10
・人類の文化の産物、美的作品はすべて、教育という名の強制から生まれるものだ。
・国の唯一の真の宰相は、偉大な人物たちだけだ。
・ドイツは完全に破壊される。しかし、ドイツは必ず復活するだろう。

翻訳元:http://www.ilbe.com/10877287322

 


Leave a comment