日曜日, 25 of 10月 of 2020

殺され損

WS000

taiho
 
殺人犯が遺族にキチンと賠償しているか?という話です。
たぶん払ってないだろうなと思ったら、やっぱりその通り。
もちろん刑務所には収監されますが(刑事)、被害者は放ったらかし(民事)。
はっきり言って、殺され損です。
離婚の慰謝料や養育費の支払い率も低いです。
裁判に勝ったからといって安心できません  (;´Д`)
 

犯罪被害者や遺族に対して、加害者から賠償金がどれくらい支払われているかを日本弁護士連合会が調査したところ、殺人事件で回答のあった50件のうち、全額が支払われたのは1件(2%)のみだったことがわかった。

重大事件ほど被害者が賠償金を得る割合は低くなる傾向にあり、経済的な救済が進んでいない実情が浮かび上がった。

 被害者らは加害者に民事裁判を起こしたり、民事裁判を経なくても賠償金を求められる「損害賠償命令制度」を活用したりして賠償請求するケースが多い。

日弁連は6~9月、殺人や傷害など被害が特に深刻だった事件について、過去10年間に被害者代理人を務めた弁護士にアンケートを送付。494件の回答を得た。

 全回答の2割弱にあたる79件は「加害者に資力がなく賠償が見込めない」「逆恨みが怖い」などとして、被害者側が賠償金を請求することを諦めていた。

 


Leave a comment