月曜日, 25 of 5月 of 2020

台湾で鉄道事故

▲台湾の鉄道事故

tetsudou_mokei
 
数年前に中国で起きた高速鉄道の事故を思い出します。
このとき中国の鉄道当局は証拠を隠滅するために、即座にパワーショベルで事故車両を破壊し、大きな穴を掘って埋めようとしました。
台湾は文明国なので、そんな無茶はしないようです  (^_^;)
 

▼中国の鉄道事故

kouji_shovelcar

 
事故車両の現場検証や原因調査もろくにせず、いきなりパワーショベルで事故車両を破壊し、地面に穴を掘って埋めようとした。
そのとき車内にはまだ生存者がいた!との恐ろしいウワサもある。
すぐに報道管制を敷いたので、真相は闇の中  ((((;゚д゚))))
 


 
台湾北東部・宜蘭県で21日に発生した特急列車「プユマ号」の脱線事故は、死者18人、重軽傷190人を出す大惨事となった。
脱線した列車は事故現場のカーブに差し掛かった際、制限時速を大幅に上回っていたとみられることが22日に判明。
当局は速度超過が事故の原因とみて詳しく調べている。
台湾メディアによると、同列車は事故現場の新馬駅を通過する際、制限速度の85キロを大幅に上回る約130キロのスピードが出ていた。
台湾鉄道管理局幹部は、列車が速度超過した際に減速する機能を持つ自動列車防護装置(ATP)が何らかの理由でオフになり、スピード超過でカーブをはみ出した可能性を指摘。
運転士が手動で切ったのか、故障が原因か現時点では分からず、詳細を調べている。
 


Leave a comment