木曜日, 1 of 10月 of 2020

北海道で震度6強 全道停電


きょう9月6日午前3時8分頃、北海道胆振地方中東部を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生し、北海道で最大震度6強を観測しました。
北海道電力によると、道内全戸の約295万戸が停電し、道内のすべての火力発電所が停止している。
日本政府は6日未明、首相官邸の危機管理センターに対策室を設置した。
原子力規制庁によると、地震の影響で、北海道泊村にある北海道電力泊原発は、外部電源が喪失した。
ただ、1~3号機の原子炉に核燃料はなく、非常用電源により、使用済み核燃料プールの冷却は継続している。
国土交通省によると、道内ではJR各線をはじめ、函館市電と第三セクターの道南いさりび鉄道も、全線で運転を見合わせている。
午前6時半現在、道内の全ての鉄道がストップしている。
新千歳空港は天井の落下や停電の影響で、6日は終日閉鎖される見通し。
 


Leave a comment