日曜日, 6 of 12月 of 2020

テーブル美術館

WS000000
ルーヴル美術館が所蔵する古代ギリシャの彫刻「サモトラケのニケ」がフィギュア化されました。
美術品をテーマにした「テーブル美術館」シリーズ第10弾となる「figma サモトラケのニケ」は2018年12月に発売される予定。
価格は5800円(税込)で、各種交換パーツのほか絵画の背景パネルと専用額縁パーツが付属。
グッドスマイルオンラインショップなどで、6月7日から予約受付中です。
25739015811
 
 自宅のテーブルの上で
    ルーブル美術館を楽しもう!  (^_^;)
 

figma サモトラケのニケ ミロのヴィーナス 古代ギリシャ
古代ギリシャの彫刻「サモトラケのニケ」がフィギュアになりました
figma サモトラケのニケ ミロのヴィーナス 古代ギリシャ
頭部と腕がない現在のニケ像を再現
figma サモトラケのニケ ミロのヴィーナス 古代ギリシャ
美しい彫刻を手のひらサイズで楽しめる

サモトラケのニケは1863年に胴体や翼が発見され、1884年に復元されたものがルーヴル美術館で展示されている古代ギリシャを代表する彫刻で、頭部と腕のない姿は有名。
「figma サモトラケのニケ」は誰もが知るニケ像の造形を再現しながらも、figmaらしい自由なポージングが楽しめる可動ギミックを盛り込んだフィギュアとなっており、複雑に分割されたギミックで衣服で隠れている足も動かせるようになっています。

figma サモトラケのニケ ミロのヴィーナス 古代ギリシャ
自由を得て荒ぶるニケのポーズ

さらに2017年5月に発売された「figma ミロのヴィーナス」の頭部と腕を装着できる差し替えパーツが用意されており、2人の女神を合体させるという楽しみも。
いったい何が始まるんです?

figma サモトラケのニケ ミロのヴィーナス 古代ギリシャ
「figma ミロのヴィーナス」があれば……合体よ!
figma サモトラケのニケ ミロのヴィーナス 古代ギリシャ
究極完全体ヴィーナスニケ、爆誕
figma サモトラケのニケ ミロのヴィーナス 古代ギリシャ
この圧倒的な強者感……ラスボスかな?

 

figma サモトラケのニケ ミロのヴィーナス 古代ギリシャ
figma サモトラケのニケ ミロのヴィーナス 古代ギリシャ
figma サモトラケのニケ ミロのヴィーナス 古代ギリシャ
figma サモトラケのニケ ミロのヴィーナス 古代ギリシャ
figma サモトラケのニケ ミロのヴィーナス 古代ギリシャ
figma サモトラケのニケ ミロのヴィーナス 古代ギリシャ
figma サモトラケのニケ ミロのヴィーナス 古代ギリシャ

Leave a comment