木曜日, 29 of 10月 of 2020

津山女児殺人事件

WS000000

▲犯人の勝田州彦(かつたくにひこ)

岡山県津山市の民家で2004年、小学3年の 筒塩侑子(つつしおゆきこ)さん(当時9歳)が殺害された事件で、容疑者の勝田州彦(39)が県警の調べに対し、動機について「苦しむ様子を見たかった」という趣旨の供述をしていることがわかった。
筒塩侑子さんの「体を触りたかった」という内容の説明もしており、県警はさらに詳しく調べる。
捜査関係者らによると、勝田州彦は04年9月3日、津山市内に車を止め、声をかける少女を探していたという。
筒塩侑子さんを狙った理由を「たまたま見つけて、かわいいと思い、後をつけた」と説明していた。
具体的な状況については、いったん筒塩侑子さんが自宅に入るのを見届けてから、「無施錠の玄関から入り、中にいた筒塩侑子さんに時間を尋ねた」と供述。
WS000000
 
 津山で殺人というと どうしても
  八つ墓村 思い出してしまいます (;´Д`)
 

 


Leave a comment