月曜日, 21 of 9月 of 2020

空気なしタイヤ

WS000000
img_fomm-e1504691975537
 
乗り心地をクリア出来たなら
クルマの歴史に革命が起きるかも (^_^;)

東洋ゴム工業は9月8日、空気が入っておらず、充てんの必要がない自動車用タイヤ「noair」(ノアイア)を開発したと発表した。
「実用可能なレベルでの走行ができる」とし、パンクがないクルマの実用化に役立てる考え。発売時期は未定。
img_spoke-e1504691881709タイヤの内芯側に、高剛性の樹脂を採用したスポークを張り巡らせて荷重を支える。
1本1本のスポークは「斜線」の形をしており、交互に向きを変えながら並べて「X字型」にすることで耐久力を向上させたという。
タイヤ外側の路面に接するトレッド部分にはゴム素材を使用。
スポークにかかる荷重を軽減するため、スポークとトレッド間のリング内部をCFRP(カーボン繊維強化プラスチック)で補強した。
耐久力は、空気入りタイヤでの法規相当条件をクリアしたという。
同社の空気入りタイヤと比べると、転がりやすさを表す「転がり抵抗値」は25%改善、ぬれた路面でのブレーキ性能を表す「ウェット制動距離」は4%短縮したとしている。
車内音や乗り心地に課題は残るが、安定した操縦、車外騒音の改善も実現したという。
将来は、EV(電気自動車)やコンパクトカーなどへの活用を見込む。空気充てんなどのメンテナンス不要で、パンクしない車両の実現を目指す。


Leave a comment