土曜日, 28 of 11月 of 2020

大空と大地の中で

ent1708210014-p1シンガー・ソングライターの松山千春さん(61)が、遅延した飛行機内で自身の代表曲「大空と大地の中で」を熱唱していたことが21日、分かった。
トラブルにより生じた待ち時間で乗客がイライラを募らせる中、同機にたまたま搭乗していた松山さんが機転を利かせ、生歌を披露したという。
20日深夜の出演した生放送のラジオ番組で機内の出来事を明かした松山さんは「歌い出して40年以上たつけど、キャビンアテンダンドのマイクで歌ったのは初めて」と説明。
「出しゃばったことしているなと思うけど、みんなの気持ち考えたら、何とかしなきゃ、みたいな。機長さんがよく許してくれたな。嘘のような話でした」と語った。
 粋だね~ \(^o^)/
松山千春さんが搭乗していたのは、20日昼の新千歳空港発伊丹空港行きの全日空機。
全日空によると、新千歳空港の保安検査場の混雑のため出発が約1時間遅れ、一部の乗客が機内で出発を待っている状況だったという。
その際、同機に搭乗していた松山さんが「機内が和むように歌いますよ」と自ら客室乗務員に申し出た。
機長の許可を取ったうえで機内のマイクを使い、北海道に縁のある代表曲「大空と大地の中で」を熱唱。
乗客からは大きな拍手が送られたという。
「過去に例がない」(全日空)というこの松山さんの粋な対応を受け、ネット上では
  「これは神対応」
  「こんなことされたらうれし泣きしてしまう」
  「こういうのがプロフェッショナル魂だ」
などと称賛するコメントが相次いで書き込まれた。
全日空広報室は「当該便の遅れでご迷惑をおかけし、おわび申し上げます」としたうえで、「松山千春様のこの度のご厚意に感謝申し上げます」と話した。


Leave a comment