土曜日, 28 of 11月 of 2020

ねこカフェ列車

WS000000
kouiki-rosenz
養老鉄道9月10日、殺処分予定の子猫などを保護し、里親を探す活動をしている「こねこカフェSanctuary」と提携し、列車の中で子猫と触れ合える「ねこカフェ列車」を運行する。運行区間は大垣駅〜池野駅。
同社によると、「列車の中を猫カフェとして開放するのは全国初と考えられます」とのこと。
参加費は3,000円(大人、小児共通)で、これには養老鉄道1日フリーきっぷ、お弁当、お茶菓子の代金が含まれ、その一部は、「こねこカフェSanctuary」による殺処分ゼロに向けた保護猫活動に充てられる。
29760_sub_1
猫駅長とか 猫で客寄せをして
廃線を免れる 招き猫作戦  (^_^;)

   ▼これは小田急線


Leave a comment