水曜日, 25 of 11月 of 2020

英国財務省のネコ

WS000000-1のコピー

▲英国財務省のネコ「グラッドストーン」

[ロンドン 28日 ロイター] – 英財務省で「ネズミ捕獲長」を務めるネコの「グラッドストーン」が、就任から1年を迎える。
就任後に捕獲したネズミの数は22匹だという。

 グラッドストーンは保護施設から財務省に迎えられた黒ネコ。
写真共有サイト「Instagram」のフォロワーは約1万人に上る。
 28日に掲載した就任1年目の記念メッセージでは「過去1年間に22匹のネズミを捕まえ、さらにハエも2匹捕まえた」とし、簡単そうに見えるが実はそうでもない、と書き込んだ。
 グラッドストーンのソーシャルメディアを管理する財務省の職員は、同性愛者の権利擁護のイベント、新1ポンド硬貨の導入、各国要人の訪問などに合わせ、蝶ネクタイ姿のグラッドストーンの写真を定期的に掲載している。
 グラッドストーンが面会できるのを最も楽しみにしている人物は、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事だという。
ラガルド氏は今年、ロンドンを訪れる予定。

——————以下、1年前の記事——————

英国財務省は7月31日までに、国会議事堂内に出没し頭痛の種となっているネズミの駆除係として、ネコ「グラッドストーン」の採用を決めたことを明らかにした。
この種の役目で英国政府機関に配属が決まったネコとしては、首相官邸のネコ「ラリー」、外務省のネコ「パーマストン」に次ぐ3匹目。

▼英国首相官邸のネコ「ラリー」

WS000002

▼右が英国外務省のネコ「パーマストン」 左は「ラリー」

WS000001-675x605のコピー
首相官邸と外務省が 外交の主導権争い
どっかの国みたいだな~
日本の首相公邸(旧官邸)は余りにも古く
ネズミどころか 幽霊まで出るらしいので
ネコだけでは対応しきれません  (^_^;)
kanteiのコピー


Leave a comment