木曜日, 1 of 10月 of 2020

火星が接近中

shutterstock_235735297-copy
火星が徐々に地球に近づき5月31日地球から7528万キロの距離に最接近する。
地球と火星は公転軌道の関係から約2年2カ月ごとに接近するが、距離 は毎回変わり、今回は2005年11月以来の近さとなる「中接近」。
次回の18年7月は5759万キロまで近づく大接近となる。
国立天文 台によると、火星は近づくにつれ夜空に赤く明るく輝いており、町明かりのある都市部でも肉眼で見ることができる。
瞬かずに見えるのが特徴で、午後10時ご ろには南南東の空にあるという。
条件が良ければ、火星の左側に赤い星として有名なさそり座のアンタレスや白っぽい土星も見える。
TOY-SCL2-04736火星は7528万キロ 月は28万キロ 宇宙的にはすぐ近くです
中学生のころ アポロ11号が月面着陸 思い切り感動しました
あれから半世紀 まだ人類は 月面に居住していません
技術的には可能だが 経済的に合わない
とゆーことでしょーかね?  (^_^;)
 


Leave a comment